スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
神戸か~ら船に乗って♪
- 2008/04/07(Mon) -
080405☆c01 080405☆c02 080405☆c03
左:滋賀県のMKクラフトを辞して、大阪方面に。途中野洲市で来来亭の本店。ここTVでも特集された超人気の店です。
中:名神高速を大阪・神戸方面にひた走ります。
右:途中で晩飯を食べ、ダイヤモンドフェリーのターミナルにはすっかり夜に到着。

080405☆c04 080405☆c05 080405☆c06
左:神戸六甲アイランドのフェリーターミナルから、大分までの船旅になります。
中:当然ながら、夜遅くまでカウンターはやっているのです。
右:ダイヤモンドフェリーの運航ですが、太陽マーク入りですね。

080405☆c07 080405☆c08 080405☆c09
左:さんふらわぁこがね。煙突に船会社のDマーク入りです。
中:神戸からのお客さんも続々とチエックインになります。
右:案内所では、観光客とか。華やかな面と庶民的実用的な面とあってよろしいですね。

080405☆c10 080405☆c11 080405☆c12
左:レストランはカフェテリア方式で、必要なメニューを取って精算になります。
中:サラダバーは取り放題^^。
右:お刺身とか美味しそうですね^^。

080405☆c13 080405☆c14 080405☆c15
左:時間が22時越えなので、レストランの席は随分空いておりました。
中:こんな畳敷きのフリースペースでくつろぐ事も可能であります。
右:売店とか。ちょっと規模が小さめかも。

080405☆c16 080405☆c17 080405☆c18
左:例によって、大浴場もあります。
中:浴槽はこんな感じ。船が揺れるので、お湯は少なめになっております。
右:街の銭湯と何ら変わりはありません。

080405☆c19 080405☆c20 080405☆c21
左:二等客室は、個人個人のスペースが指定された形式。
中:あるいは、フリースペースにてここで寝ることも可能であります。
右:ゲームコーナーも普通にありました。

080405☆c22 080405☆c23 080405☆c24
左:ひとり部屋でないとなかなか眠れないので、パンダは特等室で。一等の一人部屋というのが、なぜか無いので仕方ありません。車も運んでくれて、宿に泊まることも考えれば高速代も燃料代も要らず随分お得と思いますが。
中:この部屋は、バス・トイレ・TV・冷蔵庫付で、リッチでした。こんなアメニティもしっかりしておりました。
右:この航路で、神戸から大分に戻って行くのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。