スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
各駅ローカル線の旅(久大線2)
- 2008/02/25(Mon) -
080223☆b01 080223☆b02 080223☆b03
左:今回は、久大線湯布院から天ヶ瀬までのご案内。ただし、湯布院・引治・恵良・豊後森は、前回UP済みのため、本日は列車通過扱い^^。
中:湯布院を出発した列車は、水分トンネルを抜け、静かな山あいの野矢駅に到着した。標高543mで久大線の中では最高所にある駅である。
右:昭和59年改築の簡易的なコンクリート駅舎。国道210号線から谷を下っていったところに駅はあり、周りはたいへん静かな場所である。

080223☆b04 080223☆b05 080223☆b06
左:駅名標のイラストは「豊後牛」。ほかの駅でもこんな雰囲気があるが、全く人の気配のない駅である。
中:2面2線の相対式ホームであり、保線設備なども備わっている。
右:ホームは駅舎より低い位置にあり、さらにその下には筑後川の支流である野上川が流れている。あまりにも静かなので、川のせせらぎが聞こえてくる。

080223☆b07 080223☆b08 080223☆b09
左:列車は、ゆっくりと走り、次の豊後中村駅に到着した。ここは、駅前通りがあり、またくじゅう連山の登山口にあたる駅であり、一部の特急が停車する。
中:古い木造駅舎である。また、特急が停車する観光駅なので駅員も配置されてる。
右:くじゅう夢大吊橋が観光スポットのため、ここでものぼりがかけられている。距離は20km以上あり、ちょっと遠いのだが。

080223☆b10 080223☆b11 080223☆b12
左:特急停車駅となると、時刻表は少し賑やかだが、昼間は空白の時間帯がある。
中:駅員が売店も兼任している。何でもやらないと生き残りが出来ない時代ではある。
右:古い駅名標や瓢箪など、なかなか趣が深い。窓はサッシに更新されているが、昔ながらの駅舎を使っているのが貴重。

080223☆b13 080223☆b14 080223☆b15
左:本日は、先般紹介済みの引治・恵良・豊後森駅を通過し、北山田駅に停車。観光物産店を兼ねている。アイスクリームなどあり。
中:開けた高原地帯にあるのどかな駅。国道沿いなので、便利な所である。
この言い回しは変かも知れないが、現在の主役は自動車であり、これらの地区では、駅はコンビニと同様、国道沿いの駐車場のある「便利な駅」が使いやすい訳である。
右:駅から徒歩5分のところには恋に破れた姫が身を投げた悲恋物語で知られる「三日月の滝」がある。

080223☆b16 080223☆b17 080223☆b18
左:片面式ホームのみの棒線駅。構内に植えられている木々は桜で鉄道写真の名所にもなっている。
中:また対面にある低い盛土は、昔のホームの痕跡で、2面2線の駅だったことがわかる。
右:向こうの山には、風力発電所が林立する玖珠ウィンドファームが望める。

080223☆b19 080223☆b20 080223☆b21
左:列車は玖珠川沿いに山合いの橋梁を渡り、杉河内駅に到着した。山の斜面にへばりつくように駅はある。
中:白くて洒落た看板の駅舎は、国道210号線から坂を上がったところにある。
右:片面式ホーム1面のみの棒線駅。前後は橋梁・トンネルの連続。

080223☆b22 080223☆b23 080223☆b24
左:ここも人の気配がまったくしない。まるで時間が止まったような空間である。
中:無人駅にも駅周辺に温泉やホテルなどがある。利用者はほとんど自動車利用ではあるが。
右:この駅から、玖珠ウィンドファームの風車がいちばん大きく見える。この日は天気もよく風も強いので、勢いよく風車が回っていた。

080223☆b25 080223☆b26 080223☆b27
左:列車は玖珠川沿いをうねるように走り、天ヶ瀬駅に到着した。別府・由布院と並ぶ豊後三大温泉のひとつである天ヶ瀬温泉の下車駅。
中:温泉街は駅すぐそばの玖珠川両岸にあり、駅前には土産物屋が並んでいる。またレトロな観光バスが発着していた。
右:観光情報センター「天の国プラザ」が併設されている合築駅舎で平成8年改築。駅のすぐ上を国道210号線の高架橋が通っている。

080223☆b28 080223☆b29 080223☆b30
左:特急も停車し、趣のある木製時刻表など。観光に力を入れている。
中:新築した新しい駅舎だけに近代的であり、施設もピカピカである。
右:観光情報センターも綺麗なところで、ちょっと見に入りたい気分にさせるものである。
※このように久大線の駅を巡る旅であるが、特急停車駅はそれなりに賑やかなものの、各停のみの駅は、寂れる・・・というよりも、周囲に民家・商店が一切ない、山の中、川の端にひっそりと佇んでいる駅は、侘び寂びを通り越している。また、併設駅舎や共同・間借り・簡易駅舎など、自治体により、格差がいっそう広がっている感じを受けた。



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
<<各駅停車ローカル線の旅(久大線3) | メイン | ショップと暘谷電車通り>>
コメント

やっぱ天ヶ瀬の駅はキレイですね!
野矢には叔母さんがいて「野矢のおばさん」と呼んでいます~そのまんまですが(笑)
そして豊後中村キター!ありがとうございます!
まだまだのどかでいいですね~私の子どものころに比べるとかなり発展してきてますが(笑)
2008/02/25 21:15  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top


入ってみたいなぁ~と、思う建物がありますね。
空の青さもとっても鮮やかです♪
杉の花粉もいっぱい飛んでるんでしょうね…^^;
2008/02/25 22:02  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top


おはようございます。のどかな路線風景を穏やかに楽しませてもらってます。可愛いひょうたんが吊るされてたり 木製時刻表があったり それぞれ駅に趣向が凝らしてあって楽しいですね。(*^_^*)nya.
2008/02/26 11:19  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

ふるさとの停車場
ももえもんさん、なつかしい駅でしょうか。
幼少の頃の駅は、なんともいえませんね。また久大線は、駅も列車も希少価値大です。

くまさこさん、どうもです。
これが九州の空なんですよ。花粉はなぜか少なくて、楽でございます^^。

ゆみりんさん、こんにちは^^。
鉄道の駅は、ほのぼのとゆっくりできるところがいいですね。昔ながらの設備がまだ現役だったりするのに驚かされます。
2008/02/26 12:29  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。