スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
- 2007/12/28(Fri) -
071224☆d01 071224☆d02 071224☆d03
左:阿蘇いこいの村、ウッドチップを敷き詰めた公園がいい雰囲気。
中:中岳の噴煙がモクモク出てきております。
右:この山は、前におにぎりの様な前山が突きだして、まるで湯布岳と飯盛ケ城のような感じ。

071224☆d04 071224☆d05 071224☆d06
南阿蘇鉄道方面に向かう。よいタイミングで列車がきました。

071224☆d07 071224☆d08 071224☆d09
日本一長い駅名の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」
一度は訪れたいと思っていた場所でもあります。

071224☆d10 071224☆d11 071224☆d12
広々した駅のまわりの風景は、まるで北海道。

071224☆d13 071224☆d14 071224☆d15
ドンドン阿蘇の山の中を分け入っていきます。まるで火星のよう。

071224☆d16 071224☆d17 071224☆d18
観光ヘリコプターがここで離発着しております。

071224☆d19 071224☆d20 071224☆d21
すり鉢のような独特な山は米塚。中央の凹みは火口跡。

071224☆d22 071224☆d23 071224☆d24
 地上の向こうに見えるのが、本塚方面ですね。

071224☆d25 071224☆d26 071224☆d27
JRの「いこいの里」駅まで戻って参りました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
<<大分→名古屋空の旅 | メイン | 阿蘇バルーンイリュージョン>>
コメント

本当です。まるで火星のようです。(見た事ないけど^^)
↓名無しの権べいは、実は私でした^^;
すいませーーん♪
2007/12/28 22:19  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top

地球の風景とかけ離れていますよね。
くまさこさん、毎度です^^。
大きな木が無い、家や人工物がない・・・独特の風景ですよね。
名無しの権べいでも、かまいません。書きぶりから誰かそれとなくわかるのですよ。
2007/12/28 22:42  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


こんばんは 長い名前の駅があるんですね。切符が文字で真っ黒けになりそうですね。 大自然の地中から美味しいお水が生まれてくるんですね。電車がとってもカラフル♪ (*^_^*) にっこりnyan.
2007/12/29 00:19  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

水は贅沢^^
ゆみりんさん、この駅は名前が長くて有名なのです。
そうですね。切符を見て見たかったですね。

水については、標高が高いほど降雨量が多いことから、山には大量の雨が降り、火山性の土質で浸透が速く、ミネラル分が豊富になります。
いたる所から、大量の天然ミネラルウォーターが湧き出ていますので、水道もこの湧水を使用。

従い、蛇口をひねるとミネラルウォーターが出てくる訳ですが、これで料理もすれば歯磨きし、風呂も沸かし、洗車もする・・・という大変贅沢な事になっています^^。
2007/12/29 05:10  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。