スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
赤間神社で巫女みこナース^^
- 2007/11/30(Fri) -
071124c01.jpg 071124c02.jpg 071124c03.jpg
左:先週の関門の続きです。バスで関門海峡大橋巡りをしております。
中:下から見ると、またかなりデカいものですな。
右:源平合戦の銅像などあります。

071124c04.jpg 071124c05.jpg 071124c06.jpg
左:大砲も見えます。これは後ほどゆっくりと・・・。
中:海峡を船が行き交います。向こうは姫島が近く見えます。
右:その向こうは、もう国東半島ですね。

071124c07.jpg 071124c08.jpg 071124c09.jpg
左:夕暮れの関門海峡大橋。
中:石油タンクなど、結構工業地帯でもあり。
右:長州砲(80斤カノン砲)文久3年に関門海峡を徹外国船を攻撃したもの。ただし翌年連合艦隊にやられる。球形の弾丸を発射したもの。

071124c10.jpg 071124c11.jpg 071124c12.jpg
左:並ぶ大砲を見学する観光客ら。100円で、音と煙が出るのですが、ショボいのであきれています。
中:寿永4年(1185年)源平の「壇之浦の戦い」の舞台であった。平家一門はここで滅亡したと言う。
右:実際には、こんな近代的な錨は無かったでしょうし、また持ち上げるのは困難なことだったでしょう。

071124c13.jpg 071124c14.jpg 071124c15.jpg
左:関門トンネルは今は人道として使われております。
中:通行無料のトンネルとなっております。海峡を歩いて渡って九州なんて愉快ですね。
左:北九州に戻る自転車の人。もちろん自転車も通行可能。

071124c16.jpg 071124c17.jpg 071124c18.jpg
左:赤間神社にやって参りました。
中:お札などを授ける授与所に巫女さんがまします。清楚でいいわぁ^^。
右:「平家物語」を琵琶で語る耳なし芳一。これをお祀りしてあります。

071124c19.jpg 071124c20.jpg 071124c21.jpg
左:山門が中国風であります。巫女さんの装束の清々しいなこと。
中:神殿の中では、七五三のお祓いをされてあります。
右:こちらの巫女さんは、新嘗祭の準備をされているようです。

071124c22.jpg 071124c23.jpg 071124c24.jpg
左:境内には、平家一門の墓がひっそりと。常に参拝者が絶えません。
右:先程の山門であすが、色も形も中国風ですな。
左:赤間神社の位置はこんな場所になります。

071124c25.jpg 071124c26.jpg 071124c27.jpg
左:旧日英国領事館で、クラシックな建物になります。
中:旧秋田商会ビルで、これもクラシックな建物ですね。
右:下関南部町郵便局(明治33年)国内の現役郵便局舎最古の建物であります。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。