スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラジコンエリアと鏝絵(こてえ)
- 2007/09/17(Mon) -
070917a02.jpg 070917a05.jpg 070917a07.jpg
左:日出のポケットパークすぐ上のラジコン飛行場にやってきました。とても良い景色です。
中:ラジコンヘリを飛ばしている様子を見学。自由自在ですね。
右:これが上級者の規定演技なのだとか。ちょっと雨が降ってきました。

070917a09.jpg 070917a11.jpg 070917a12.jpg
左:ラジコンエリアはこのように広く、芝生が刈り込んであってよく手入れされています。
中:左側のヘリは、セットで百万円程するとか。結構高級な趣味ですなぁ。
右:この奥が農地開発した場所で、業務で写真撮影することになっています。

070917a13.jpg 070917a14.jpg 070917a15.jpg
左:この後、安心院の鏝絵(こてえ)の地区を観光しました。鏝絵とは、漆喰を用いて作られるレリーフのことで、左官職人が鏝で仕上げていくことから名がついた。
中:〆野家の「松に布袋」このように福を招く物語などが多く、表情が素朴で興味深い。
右:恵比寿。この恵比寿さまは、糸巻きのような機械を操作しているようです。

070917a16.jpg 070917a17.jpg 070917a18.jpg
左:重松家の龍。2階屋の部分が天守閣のようになった、独特の形式の建物。
中:懸屋酒造の毘沙門天、弁財天、布袋。樽で酒を仕込んでいる楽しい図柄。
右:店の前には、こも樽や瓶なども並び、雰囲気は充分である。

070917a19.jpg 070917a20.jpg 070917a21.jpg
左:すぐ前の家の丸窓など、ちょっと中国風でもあり、「千と千尋の神隠し」のような雰囲気もある。
中:竹に寅の図柄。色使いも独特なものがある。
右:鏝絵ではないが、壁に富士山の図柄が施されていたり。

070917a22.jpg 070917a23.jpg 070917a24.jpg
左:先程の懸屋酒造の、押し戸のガラスには、「電話二二番」の文字。町内の電話が百軒無かった時代の話。
中:これも竹に寅。かなり年代が古い物とみた。
右:保存された「鷹」の鏝絵。

070917a25.jpg 070917a26.jpg 070917a27.jpg
左:明治23年の作品を修復・保存したもの。着物の図柄に茄子が見える。
中:竹に寅の図柄だが、寅の銜える紙に「Sの文字とPrint」とある。
右:この鏝絵は、「佐藤印刷」の宣伝を兼ねた鏝絵になっている。

070917a28.jpg 070917a29.jpg 070917a30.jpg
左:鯉の滝登りとスッポン。「美味繁盛」ヤマサと屋号がはいる。
中:こちらはヤマサ旅館の壁面にある鏝絵でした。
右:ファッションコア河野のお店の飾られた、恵比寿、弁財天。

070917a31.jpg 070917a32.jpg 070917a33.jpg
左:同じく店舗の正面に飾られた、十二単の鏝絵。商店や商売にちなんだ題材なども多く面白い。
中:佐藤家の恵比寿・大黒・鯛の吉兆の図柄。
右:安心院の鏝絵には、このような案内看板もある。明治28年の作品。

070917a34.jpg 070917a35.jpg 070917a36.jpg
左:安心院印刷の壁面にも鏝絵がある。
中:ネズミがインク壺からペンを担いでいる。足には下駄を履いている。
右:入り口にも鯉の跳ねる姿など、面白い物が多い。

※このほかにも、安心院には多くの鏝絵が残されており、また機会があれば取材・紹介したいところです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
<<松浦川でお先にフライト | メイン | 虹の松原フライトツアー2007>>
コメント

いい雰囲気ですね。
盛り上がって立体的な所が、鏝職人さんの技なんでしょうね。
鏝という漢字を見たのは、初めてです^^;
2007/09/17 20:39  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top

>> くまさこさん、毎度ですー^^。
 図柄は、吉兆・花鳥風月などですが、屋号や商売関係などを表したものなど興味深いです。
 表情が素朴ですよね。また漆喰と鏝でこんな絵が作れるなら、普通に油絵を描いても結構イケるのでは・・・。
2007/09/17 20:48  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


おはようございます。珍しいものを見せていただきました。幸せを呼ぶ絵柄が色々とあちらこちらのお家に飾られてるのですね。ありがとうございます。 (*^_^*)
2007/09/18 10:01  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ゆみりんさん、おはようございます^^。
 安心院のこの地区には、この鏝絵が集中していて、歩いて回っても楽しいです。
 寅や七福神の図柄が多い中に、明治・大正の西洋モダンの影響もかいま見え、とても興味深いです。
 このように鏝絵が多く施されているのも、この地域が裕福で、しかも腕の良い職人が居たことの現れだと思います。
2007/09/18 10:32  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

素晴らしい!
パンダさん、まいど~!
鏝絵(こてえ)って、スゴイですね!!
このような地元の素晴らしい文化は、後々まで残して行きたいものです。
実物を見てみたいなぁ...。
2007/09/18 15:09  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> Marcyさん、そうですね^^。
 これらの鏝絵は、個人の住宅や商店に施されているものです。そこで困るのが、古い建物の建て替えです。
 戸袋の飾りなどは、はずして保存が可能ですが、妻面の彩色は、一旦壊さざるを得ません。
 費用も手間もかかる事を、上手にやっていかないと、あっという間に消え去る運命にあります。
2007/09/18 15:43  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。