スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
祝! かぐや打ち上げ成功
- 2007/09/14(Fri) -
070914f00.jpg
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工は14日午前10時31分、月周回衛星「かぐや」を搭載したH2Aロケット13号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。
 予定では、かぐやは約40日かけて月の上空100キロに到達。南北を回る軌道に乗り、3カ月後から本格的な探査を始める。
 
070914f01.jpg 070914f02.jpg 070914f03.jpg
 H-IIAロケット13号機は、固体ロケットブースタ、固体補助ロケットが2本ずつ装備されている。
 月周回衛星「かぐや(SELENE)」は、アポロ計画以来、月を目指す最も高性能な探査機です。15のミッションを行う最新の観測機器で、アポロ計画時には明らかにならなかった「月の起源」と「進化の謎」の核心へ迫ります。

070914f04.jpg 070914f05.jpg 070914f06.jpg
左:種子島宇宙センターの総合指令棟
中:「かぐや」のミッションマークは、私たちの暮らす「地球」(右側)から探査対象である「月」(左側)へと辿る一筋の「SELENEの軌道」を「SELENE」のSをモチーフにシンボリックに描いたもの。
右:衛星PAF結合作業中。

070914f07.jpg 070914f08.jpg 070914f09.jpg
左:種子島広報担当の井上ゆりかが、種子島でロケット打上げを見るなら「ここっ!」って場所を紹介します。打上げの時もそうでない時も、ぜひ一度種子島と種子島宇宙センターに遊びに来てください!
中:75号線のそばにある「上里」という地区からもロケットの打上げを見ることができます。距離的には比較的宇宙センターに近いのですが、展望所として整備されている場所がないため少し不便かもしれません。
右:南種子町内で一番の繁華街「上中」にあるグランドからもロケットの打上げを見ることができます。
射点がちょうど山に隠れてしまうため、リフトオフの瞬間は見ることができませんが、山から突如にょきっと出るロケットの姿というものもなかなか見ものです。

070914f10.jpg 070914f11.jpg 070914f12.jpg
左:宇宙ヶ丘公園・・・長谷公園より南に位置する公園です。ここではほぼ真正面のロケットが空へ打ち上がる様子を見ることができます。
 アスレチックのような建造物があるのでそこに登っての見学もいいかもしれません。
 近くに打ち上がった後のロケットを追尾するためのレーダー施設があります。
中:長谷展望公園・・・南種子町公立種子島病院のすぐ東に位置する公園です。
 障害物が何もないので打上げ鑑賞には最適の場所だと思います。
右:発射前のロケットはVAB:大型ロケット組立棟(白い箱のような建物)の影に少し隠れてしまいますが、比較的近くから打上げを見学できるポイントです。わたしの一番のおススメ♪

 ※一度打ち上げの瞬間を見に行きたいものですね。打ち上げ見学の案内が、写真モデルさんでなく、職員さんが出ているのが、とても好感♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<唐津・虹の松原フライト(予告) | メイン | イタリアーンな飛人達(海外シリーズ)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。