スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
独逸フライト事情(海外シリーズ)
- 2007/09/07(Fri) -
070901d01.jpg 070901d02.jpg 070901d03.jpg
左:この度はドイツのフライカストレッチオからご紹介。なにせフライトエリアは厳格で、飛ぶ事に関する規制の厳しいお国柄。まずはともあれ、サイトについてはこちらからどうぞ。
中:こんな姿勢でタッタカとテイクオフするスタイル、格好いいですね。
右:広い広い芝生のエリア。最も理想とする環境です。風も良さそう。

070901d04.jpg 070901d05.jpg 070901d06.jpg
左:パラトライクで、いきなりコレですか。かなり低高度だし・・・。
中:これは、絶滅危惧種のモーターハング(フットランチ)ですね。
右:ヘリコプターではありません。国内では珍しいオートジャイロになります。

070901d07.jpg 070901d08.jpg 070901d09.jpg
左:リッジグライダーですが、動力ナシかしら?
中:珍しいアングルですが、ドイツ女性はたくましいタイプが多いようで。
右:ユニットのガード寸法が、かなり大きい雰囲気であります。

070901d10.jpg 070901d11.jpg 070901d12.jpg
左:ファイヤー!って危険ですから。絶対に良い子はマネしないでください。
中:快調に飛んでいますね。風景はかなり日本に近いものがあります。
右:超高々度フライトにチャレンジ。酸素アリですか。寒いでしょうね。

070901d13.jpg 070901d14.jpg 070901d15.jpg
左:説明書きが殆ど無いし、表題もドイツ語なので、勝手なコメントをつけておりますです。
中:飛んで降りたら酋長の部落でした・・・チャンチャン♪おったまげた。
右:水面ギリギリですから。絶対にマネしないでください。ペラが水を吸い込んでボロボロになります。そして急激に推力が落ちて・・・。

070901d16.jpg 070901d17.jpg 070901d19.jpg
左:なかなか、このような写真が撮れません。みなさん編隊飛行の練習をしましょう。
中:静かな湖畔の森の影から・・・スミマセン静寂をぶち壊してしまいました。
右:ありゃー、やってしもた。一瞬でコレです。マフラーが太いなぁ。

070901d20.jpg 070901d21.jpg 070901d22.jpg
左:不時着シリーズ。あやー、兄ちゃん、かなりやってもうたなー。
中:アカンわ。脚もいってもうとる。こりゃ修理にかなりかかるぞぉ。
右:ペラは完全にダメだわな。これフレッシュブリーズですね。

070901d23.jpg 070901d24.jpg 070901d25.jpg
左:不時着したところには、夢のような虹が輝いていました。
中:よくあるシリーズ。ランディングで足がついて行かない。
右:すぐエンジン停止しないと、グライダーを巻き込みますよ。

070901d26.jpg 070901d27.jpg 070901d28.jpg
左:こんな壊れ方は初めてみました。GPSが滅茶苦茶。すごいダメージです。
中:「こいつがオラの畑に落ちてきたんだ。ホントに見ただ。」
右:あちゃー。ドイツでもやってもうただ。緊急パラが開傘したようだ。

070901d29.jpg 070901d30.jpg 070901d31.jpg
左:これもガードからネットからぶっ壊れてますなー。何となくオール手作り風。燃料タンクは金属製の水筒?
中:着水ですか?あるいは煽られて川まで吹きとばされたとか。とりあえず怪我はなさそうですね。
右:これもよくあるパターン。着地して安心した瞬間、強風で後ろにひっぱられた。グライダーを真後ろに降ろさず、片翼畳みのようにパラパラパラと降ろすのが、パラトライクのテクニックにもなります。

 かように規制の厳しいドイツですが、似たようなトラブルフライトもやってますなぁ。いずれにせよ、ご安全に。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
<<九重高原 | メイン | パラモinUK!(海外シリーズ)>>
コメント

そ、その恐ろしげな乗り物オートジャイロってのは
なんなんでしょうか・・・
ヘリコプター並みの速さを体まるだしで乗るのですか・・ガッツいるなぁ・・。

酋長、不時着は許してください~!食べないで~!
2007/09/07 20:57  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ももえもんさん、不思議な乗り物でしょう^^。
 オートジャイロは、一見ヘリコプターに似ていますが、上の回転翼は一切動力で廻らず、前進する風を受けて勝手に回転し、自然に揚力を生み出す・・・というものであります。
 この酋長の味わいある表情が何ともいいですねぇ。しかし、ユニットがデカいのか、酋長が小さいのか、ほとんど身長とガード径が同じですねぇ^^。
2007/09/07 21:35  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。