スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パラモinUK!(海外シリーズ)
- 2007/09/06(Thu) -
070831t01.jpg 070831t02.jpg 070831t03.jpg
左:イギリスのパラモーターシーンをご紹介。イギリスのパラモーターパイロットのためのサイト。パラモーターUKはこちらなります。
中:シェットランドのセントニニアンビーチからのフライト-- デニス・クーツによる画像。
右:セントニニアンビーチの12月。天気の良い期間を利用して、リアクションで飛ぶジョン・クーツ。

070831t04.jpg 070831t05.jpg 070831t06.jpg
左:テーブルビューからのフライト-- アリステア・アランドールによる画像。(しかしすごい景色!)
中:アリステアは今年の1月に南アフリカのケ-プタウンを訪問し、何とか岬の町のテーブルビューからフライト。気象状態が1日の間朝夕のみ。しかし、かなり素晴らしい飛行。離着陸いはドルフィンビーチから。
右:冷やかなペンダルヒルの上からの便り-- マークインガムによる写真。マイナス6度。「お分かりのように地面は霜で覆われています」

070831t07.jpg 070831t08.jpg 070831t09.jpg
左:ジミー・パスカヴェジによるサフォーク画像。冬の日の便り。イギリス・・・って結構雪が降るんだね。
中:リーセクトンによる雪の後のリアクションでの最近の飛行。雪が積もっているし、寒そうだわなー^^。
右:ミートホップにおける週末-- ヘレン・インガムによる画像。ヘレンの夫マークは、3500フィートに達した。(ここは飛行場ですか。延々と続く滑走路がある^^)

070831t10.jpg 070831t11.jpg 070831t12.jpg
左:「Lasカンデラ」スペイン-- ジャバンによる画像。広い湖のほとりが会場。うらやましい。
中:マイケルジャバンはスペインのPPG Meet&Fairを訪問し、これらの動画を撮りました。
右:しかーし、これが全部動力飛行しているのは圧巻。いったい何機飛んでいるのでしょう。
スペインのPPGリーグ「Lasカンデラ」についてはこちらから。

070831t13.jpg 070831t14.jpg 070831t15.jpg
左:これだけ広ければ、どんだけ飛んでも全くプレッシャー無しですね。
中:離着陸エリアは、こんな広大な草地です。まことに結構。
右:入り江の風景も、植生が日本とは違うからか、独特の風景であります。

070831t16.jpg 070831t17.jpg 070831t18.jpg
左:冬の飛行-- ポール・ハッシバイによる画像。霧がすべてを覆い隠している早朝の冬の写真。
中:冬の飛行は単純に最も良いです!これらの視点があなたを待っています。この冬にあなたのギヤを整備し、熱飛行服を身につけて、手袋を加熱するので、冷たい空気は入りません。(ホントかよ?)
右:畑や川の風景は日本の田舎に似ているかもしれない。しかし随分寒いに違いない。

070831t19.jpg 070831t20.jpg 070831t21.jpg
左:謝肉祭のある小春日和-- ジェフ・ゾーデンとクライヴ・バンスによる画像。新しいマシンにおいて、上機嫌のムスタファ。(彼はムスリムなのでしょうか?)
中:私はこのパラモーターでFatamaに見えますか?(とてもベールが怪しいんですケド・・・^^;)
右:フランスのホリデー-- サイモンらによる画像。この青黄はPAPモーションですね。

070831t22.jpg 070831t23.jpg 070831t24.jpg
左:ウェールズをタンデムで飛ぶ休日-- ポール・ハッシバイによる画像。
中:ポールは最近、家族と2週間の北部ウェールズの休日を過ごしました。 そして、彼の飛び道具で遠出をしました。(娘さんがホント楽しそうだわ^^)
右:また、これらの画像はBMAAマイクロライト誌の7月-8月号のトップ記事で特集します。

070831t25.jpg 070831t26.jpg 070831t27.jpg
左:リンカンシャー周辺のフライト便り-- ポールハッシバイによる画像。
中:リンカンシャー周辺のショットで。ポールはリチャードとロブ・スウィフトと一緒に飛びました。
右:ここも日本の田園風景に近いものがありますね。グライダーはメスカルと見た。

070831t28.jpg 070831t29.jpg 070831t30.jpg
左:ジェフ・ゾーデンによるパラモーターと他の航空機のお客さんがいる忙しい週末。フロントライズアップをしているジョン・カースタン。
中:わずかですが、女性のパラモータのパイロットもいる訳です。
右:デーヴのパートナーも、もちろん飛びました。年齢層もちょっと高めのような感じですね。

070831t31.jpg 070831t32.jpg 070831t33.jpg
左:フィンランドの本当の冬季フライト-- 画像はアルノ・イソマキによって送られた物です。セスナで移動。
中:で、着いた場所は氷結した湖の上。寒いでしょう。寒くない訳がありません。
右:フィンランドからのいくつかのすばらしい冬のフライングショット。(しかし長時間は飛ばないでしょう)

 このように、イギリス内外でもアクティブに飛んでいるようですが、雪が積もったりして、結構寒い地域が多いのですね。日本はこれに比べてまだ暖かい訳です。
 逆に改めて、日本は亜熱帯モンスーン地帯のフライヤーである事を認識せざるを得ません。
彼の国で調整されたユニットを直輸入してフライトしても、キャブレターのセッティングなど当然必要になる所以です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
<<独逸フライト事情(海外シリーズ) | メイン | 土日のフライト&キャンプ場所>>
コメント

入り江の風景、なんだか面白くて思わず笑っちゃいました!
なんだか野球盤のグリーンの部分とかオモチャの島とかに出てきそうな植生ですよね!
2007/09/06 20:55  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top


やはり日本とは違った景色が良いですね。
それに、色々な人達もいて^^
2007/09/06 21:26  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top

>> ももえもんさん、独特の風景ですね^^。
 UKは緯度的には日本の北海道にあたりますので、乾燥して涼しいのでしょう。植生も随分違いますし、景色がまた一風変わっていますね。
2007/09/06 21:28  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

>> くまさこさん、毎度です。
 ホント風景は独特です。人種も色々。ムスリムの戒律には、空飛び禁止はナイでしょうから、バンバン飛んで欲しいものです^^。
2007/09/06 21:30  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


おはようございます。マイナス6度の世界ですか、好きじゃないと飛べませんね♪ぉ~さぶそう!
たくさんのお写真、いつも楽しませてもらってます♪
  (*^_^)ノ~~☆ いつも ありがとnyan.
2007/09/07 09:14  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ゆみりんさん、おはようございます。
 いつも朝イチの書き込みありがとうございます。
 地表の気温でマイナス6度ですから、上空は更に低いし、風を切って飛ぶので、尚更冷えるものと思われます。
 だから、冬場は飛んで5分とか10分とかよくあることです。(それでも飛びたいという^^)
 雰囲気は冬場にオートバイに乗ったり、スキーで滑降をする程度の体感温度です。
 今後もこの海外サイト紹介シリーズの続編UPしますので、よろしくです♪
 
2007/09/07 09:23  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

こんにちわ
海外版ですね~~
なんか、やっぱ日本とまた違った景色ですごく綺麗ですね~~
使ってる機械とかは、日本と同じなんですか?
2007/09/07 11:21  | URL | ひろみ #-[ 編集] |  ▲ top

>> ひろみさん、こんにちワンコ~^^。
 やはり気候が違うので、風景がまた変わっていますね^^。
 機材のほとんどは、海外製品なので、日本のフライヤーが使っているものと、ほぼ同様のようです。
 これらの写真の中にも、国内で見たことのあるキャノピーなど、チラホラ見られます。
2007/09/07 12:10  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。