スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本うまいもん紀行(滋賀編) ※近江牛追加
- 2007/08/12(Sun) -
070805g01.jpg 070805g02.jpg 070805g03.jpg
左:滋賀県は琵琶湖を控え、鴨料理が盛ん。天然鴨の肉に、骨をたたいた団子からしみ出る出汁。甘い葱に香り高いセリでどうぞ。
中:鴨のローストも、香ばしくてよろしい。マザーレイク・・・琵琶湖の自然が生み出した逸品。
右:水が綺麗で、野菜も美味い・・・と来れば漬け物も美味しい訳である。冬になると厳しい冷え込みとなる近江の國では、漬け物も冴える。

070805g04.jpg 070805g05.jpg 070805g06.jpg
 ここでは琵琶湖の事を淡海・・・と書いて「うみ」と呼ぶのだが、海と同様、湖専門の職業漁師がいる。名産の小鮎の飴煮など、どちらにも喜ばれる一品。
 また、天然ウナギは、高値で取引される・・・というか、獲れる前から予約が入っていて、「獲れたらウチに持って来るように」・・・という事らしい。

070805g07.jpg 070805g08.jpg 070805g09.jpg
 お魚のチーズ。これぞ珍味の鮒寿司。骨も柔らかく身も発酵し独特の香りは、食べる人を限定する。パンダも相当のものまで平気で食べるが、鮒寿司はなかなか手強かった。
 ともあれ、近年ではニゴロ鮒が捕れず値段は上がる一方である。

070805g10.jpg 070805g11.jpg 070805g12.jpg
 既にスライスされた物がスーパーで売られているのがお手軽。この独特の香りが気になる方は、お茶漬けにすると食べやすい。

070805g13.jpg 070805g14.jpg 070805g15.jpg
 お土産には何が宜しいか・・・なかなかむずかしい処である。そんなあなたに赤こんにゃくはいかがだろうか。文字どおり紅いお目出度いこんにゃくで、派手好みの武将・織田信長が、こんにゃくまで赤く染めさせたのが、近江八幡の赤こんにゃくの由来。
 この色は酸化鉄系の色な訳で、鉄分不足にも良しという。

070813q91.jpg 070813q92.jpg 070813q93.jpg
(追記)
左:滋賀県の名産品、近江牛を失念しておりましたので、ここで追記します。
中:上等のヒレ肉をベーコンで巻いて炙った、結構な一品。味は塩胡椒で充分。
右:牛肉のタタキ。よく冷やしてオリーブオイルをたらす。夏の前菜に。

070813q94.jpg 070813q95.jpg 070813q96.jpg
左:堂々のサーロインステーキですぞ。噛めば噛むほど良い味わい。滅多に使わないナイフ&フォークの登場。
中:定番ですが、すき焼きなど。熱いお肉を、生卵にくぐらせて食べると・・・もう何も言うことは無い。
右:サイコロステーキで。ここはやっぱりオンザライス^^。「まいうー」の世界。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
<<廃線跡シリーズ(宇佐参宮線) | メイン | くにみ海浜公園状況>>
コメント

こんばんは、琵琶湖でとれた小魚の佃煮、色んな種類があって美味しいですね。フナ寿司は まだ食べたことないです。独特のお味だそうですね。また食べたくなるお味なのでしょうね。(*^_^*) 
2007/08/12 21:45  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ゆみりんさん、毎度です^^。
 お魚のチーズ、発酵して溶けた骨。これぞ食べる人を限定する、珍味であります。相当な覚悟で挑まないと、ひと切れでやられてしまいます。普通にご飯のおかずにはなりません。日本酒党の方は結構イケるかも。
味の表現としては、スモークサーモンのチーズ風味発酵仕立て・・・というところでしょうか。
2007/08/12 21:51  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


パンダさん~!どうか近江牛も仲間に入れてやってくださいマシ~
2007/08/12 23:14  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ももえもんさん、そうでした^^。
 何か足らないよなー・・・と思っていました。近江牛。やはりステーキでしょうね。それと美富士食堂のデカ盛など、他所には無い所があります。
2007/08/13 05:51  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


鮒寿しを、ナポレオンに食べさせたらはたして、「ジョセフィーヌ!もっと頂戴!」といったかどうかは別として、学生時代、大津の大先輩の所で、初めて饗しましたが、誠に強烈な印象が残っております(笑)

しかしながら、慣れというものは恐ろしいもので、ご飯のおかずにはどうかと思いますが、お酒のつまみによく出て来ており、密かに心待ちにしていたことを思い出します。   4中隊  たぬ
2007/08/13 06:36  | URL | 紅の狸 #-[ 編集] |  ▲ top

>> たぬやん、毎度です^^。
 しかし鮒寿司こそ、変わった食べ物ですね。そもそも発酵式の寿司は、一種の魚の保存食であります。
 加賀の寿司大根も、各種野菜とブロック状の大根・にしんを麹に漬け込んだもので、野菜の補給も目的としたものらしいです。
 本来は米麹の酸化したなれ寿司でしたが、短気な江戸っ子により、最初から寿司酢でしめた、ご飯に生のネタを載せた握りずしが流行して、今見る江戸前立ち食い寿司全盛となったわけです。
2007/08/13 08:26  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


近江牛に1票!!

ぜったい近江牛~♪
2007/08/13 11:34  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> Marcyさん、毎度ですー^^。
 近江牛は高級すぎて、なかなかお目にかからないです。また以前のようにモリモリ食べたいと思いません。
 美味しい物を少しだけ・・・のような方針になりましたのです。
2007/08/13 17:13  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。