スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
耶馬渓鉄道を辿る(廃線跡シリーズ)
- 2007/07/07(Sat) -
070707y01.jpg 070707y02.jpg 070707y03.jpg
 きょう土曜日は、大雨も収まったので、耶馬渓鉄道の廃線跡を辿ってみた。
 路線は、JR中津駅~名勝耶馬渓~守実温泉36.1kmを結んでいた。
左:耶馬渓は「青の洞門」を対岸から眺める。岩をくり抜いて道路が走るのだ。
中:この岩を、人力でノミだけで掘り抜いた・・・といくから凄い話。
右:今でもこのように岩の中を車が走り抜ける。

070707y61.jpg 070707y62.jpg 070707y63.jpg
 資料映像による、在りし日の耶馬渓鉄道。洞門付近。

070707y04.jpg 070707y05.jpg 070707y06.jpg
左:羅漢寺と呼び、岩をくり抜いた祠など、麓から眺めても判る。奇岩が続く。
中:耶馬渓橋(オランダ橋)大正9~12年架橋。石積み方式からオランダの異名を持つ。
右:8連116mの石橋は、日本でもここが唯一である。しかし今日は水が多い。

070707y07.jpg 070707y08.jpg 070707y09.jpg
左:大正3年の羅漢寺橋。耶馬渓鉄道の羅漢寺駅が開設されている。
中:石造り3連アーチ91m。当時の総工事費2万円。H16の補修1億円。
右:大分県有形文化財に指定。この大雨でもしっかり支えられ、今でも車の通行可能。

070707y71.jpg 070707y72.jpg 070707y73.jpg
 全線単線の耶馬渓鉄道では、ここ羅漢寺駅の風景のようにタブレット交換をしていた。

070707y10.jpg 070707y11.jpg 070707y12.jpg
左:耶馬渓鉄道の跡は、今ではサイクリングロードになっている。路線距離が長いので、自転車で辿っても相当な距離がある。
中:木々の多い涼しい専用道。広い場所は駅があった跡かも。しかし軌間は762mmの軽便鉄道(ミニ鉄道)であった。
右:このように平坦な道が続くので、自転車にはバッチリ。

070707y13.jpg 070707y14.jpg 070707y15.jpg
左:平田駅跡が今でも保存されている。出札口や改札口も当時の趣を伝える。
中:「耶馬渓平田駅」の駅銘標が、ありし日の耶馬渓鉄道の雰囲気を醸し出す。
右:ホームの高さは、今の鉄道よりかなり低いもの。しかしこの方がバリアフリーにより近いと思う。

070707y16.jpg 070707y17.jpg 070707y18.jpg
左:平田駅付近には、こんな旧郵便局跡なども保存されている。
中:このような旧家があったり、寄り道すると発見するのである。
右:耶馬橋も石造りのアーチ橋。このような風景が多く残る里。

070707y81.jpg 070707y82.jpg 070707y83.jpg
 廃止前の耶馬渓鉄道、平田駅付近。山国川沿いを短いトンネルで抜けていた。

070707y19.jpg 070707y20.jpg 070707y21.jpg
左:耶馬橋の袂にある、西浄寺の本道。屋根の形が立派。
中:鐘楼も、木製でかなり古いものである。竜の彫り物が素晴らしい。
右:サイクリングロードを、晴れた日に進むと、自分が列車になった気分が味わえるのである。(岩屋付近)

070707y22.jpg 070707y23.jpg 070707y24.jpg
左:旧の線路の橋も欄干が低く雰囲気は、当時のまま。
中:線路脇に信号柱の基礎が残っている。ここに腕木式信号機があったら雰囲気は最高である。
右:旧のトンネルも鬱蒼と茂った木々の中を行く。当時も当然単線であった。

070707y25.jpg 070707y26.jpg 070707y27.jpg
左:こちらも駅跡のようなホーム跡のスペースが残る。しかし背景の山々が、耶馬渓独特ではある。(おともだ付近)
中:トンネルが煉瓦造りというのが、何とも時代がかっていて好ましい。(津民付近)
右:第2山国川鉄橋も、当時そのままに残されている。しかしこの増水の濁流によく耐えているものと感心。

070707y91.jpg 070707y92.jpg 070707y93.jpg
 第2山国川鉄橋の資料映像。風光明媚な山国川をこのように走っていたのであった。

 今では、サイクリングロードに生まれ変わった耶馬渓鉄道。平坦で緩い曲線の利点を生かし、風光明媚な中を走るのは、なかなか良いアイデアである。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
<<レイニーフライト | メイン | 断末魔・・・>>
コメント

パンダさん、まいど~!
よくこれだけ調べ上げましたね♪
どんだけ~?!って感じです。

しかし、これだけの景勝をぬって走る鉄道が廃線なんて、ものすごく惜しいような気がします。
当時に戻って、ゆっくり列車の旅を満喫してみたいですね!
2007/07/08 00:08  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> Marcyさん、毎度ですー^^。
 確かに勿体無いことですね。しかし自転車道になり、路線のほとんどが残っているので、まだ良い方です。
 ただし、この土曜日は梅雨時の大雨で、かなり増水しており水が濁ってしまったのが残念です。
2007/07/08 05:01  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。