スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
佐賀関鉄道跡をたどる(廃線跡シリーズ:写真追加)
- 2007/06/24(Sun) -
070624a25.jpg 070624a01.jpg 070624a02.jpg
左:この日曜は、お天気イマイチでしたので、佐賀関鉄道の廃線跡を辿りました。
 この鉄道も軌間762mmのミニ鉄道で、日鉱幸崎から日鉱佐賀関を結ぶ貨物専用線だったが、後に客扱いもしている。
中:JR日豊本線の幸崎はこの鉄道の始発駅である。ここの地名は神崎と書いて駅名と同じく「こうざき」と呼ぶ。
右:現在のJR構内であるが、ローカル駅ながら施設としては立派な方である。

070624a03.jpg 070624a04.jpg 070624a06.jpg
左:その昔の駅及び貨物の入れ替えヤードは、空き地となっており、続く線路跡は、振興住宅地の生活道路に転用さえている。
中:北上した線路が東進に方向転換するあたりに、日鉱本幸崎の駅があったはずである。場所としては現在の元神崎のバス停あたりであるが、バイパス工事によりその痕跡は消失している。
右:日鉱大平に向かうところで、線路跡は自転車がやっと通れる生活道路になっている。脇に水管橋を併設している。

070624a07.jpg 070624a08.jpg 070624a09.jpg
左:日鉱大平付近。自転車道が、白いパイプガードで国道に並行しているので、路線跡がよくわかる。
中:ところどころ補修されながら維持されている橋梁などを越え、鉄道はどんどん進む。
 四国へ橋をかける構想があるようで、実現するかどうかは定かでないが、ミニ鉄道も渡っていたらこれも面白い事である。
右:日鉱太平から東にしばらく進むと、国道沿いに造られた「道の駅 佐賀関」付近で佐賀関鉄道跡と国道が交差、左右を入れ替える。

070624a10.jpg 070624a11.jpg 070624a12.jpg
左:鉄道は海岸側を自転車道として進んでいる。
中:途中に大志生海水浴場など綺麗な砂浜があるが、飛ぶには浜の幅がちょっと狭い。
右:浜辺では、釣りをしたり海で遊んだりする家族連れなども見える。

070624a13.jpg 070624a14.jpg 070624a15.jpg
左:白砂青松で、砂が白く日本の海岸の典型的な美しさである。
中:国道は辛幸で、新しい佐賀関トンネルにはいってしまうが、鉄道跡は波を被りそうな海岸線を進む。跡地はサイクリングロードとなっている。
右:サイクリングロードは景色の良い海岸沿いを進むので、快適で楽しい。

070624a16.jpg 070624a17.jpg 070624a18.jpg
左:休憩所の磯の岩には、なかなか綺麗な花が咲いている。
中:辛幸(からこう)のロマンチックな説明板が飾られていたり。
右:岩の削れた海岸であるが、水が綺麗なことと、石の色が大変美しい。

070624a19.jpg 070624a20.jpg 070624a21.jpg
左:やがて日鉱精錬所が見えてくる。波打ち際では、早くも夏気分で海遊びをする家族など。
中:それにしても、台風時など線路にモロ、潮を被ったのではないかと思われる。
右:そして、ここがサイクリングロードの終点。

070624a22.jpg 070624a23.jpg 070624a24.jpg
左:関サバ・関アジの佐賀関に到着しました。ここから日鉱の工場は貨物専用だったはず。
中:こちらが高級ブランド魚を捕る、佐賀関の船団でしょうか。
右:工場の手前になかなか良い広場があり、何とか飛べそうな感じでした。

初の佐賀関行きでしたが、海沿いのサイクリングロードは良い景色で、この風景を眺めながらミニ鉄道が、コトコト走っていたと思うと、なかなか感慨深いものがありました。

070624f90.jpg
(写真追加しました)
日本鉱業佐賀関鉄道は日豊本線幸崎から 9.1キロ、762ミリゲージのささやかな鉄道でした。
 元来は日本鉱業佐賀関精錬所の製品輸送の専用鉄道でした。
この頃は日に20往復近くも気動車が運転され、結構賑わっているように見えますが、結局1963年に廃止されています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
<<大分川そのほか | メイン | 鉄道観察も出来ます>>
コメント

ノスタルジックな廃線跡を求めて・・いい雰囲気ですね!どこを撮っても絵になる感じです。

岩の海岸、水がキレイだ~!
私、けっこう砂の海岸より岩の海岸が好きです~
2007/06/24 20:53  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ももえもんさん、ありがとうございます^^。
 本当は駅舎やホーム跡、レールや枕木が残っていると最高なんですがねぇ。車両の資料画像があるといいんですけど。
 海はホントに綺麗ですね。さすが関サバ関アジの名漁場だけの事はありますね♪
2007/06/24 21:23  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


こんばんは、ここに鉄道が昔、走って住民のかたの大切な足となって活躍していたのだと 思いを馳せてます。
初夏の海岸の お写真も楽しませてもらってます♪
 (*^_^*) 昔の鉄道写真探すのに苦労されたのでは?
2007/06/25 20:18  | URL | ゆみりん #-[ 編集] |  ▲ top

>> ゆみりんさん、ありがとうございます。
 鉄道の廃線跡巡りの醍醐味は、緩やかなカーブの旧路線跡を、自分が列車の気分で、進んで行く時ですね^^。
 また、ミニ鉄道は狭いので、線路跡が自転車道や生活道路として使われているのも、何かほっとするのですよ♪
 佐賀関鉄道は主に貨物主体だったため、ほとんど写真が残っていません。
2007/06/25 20:49  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。