スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨降る城下町
- 2007/06/03(Sun) -
070603a01.jpg 070603a02.jpg 070603a03.jpg
左:きょう日曜日は朝から雨で飛べません。杵築城に観光に行きました。
中:藩校の門。今でも杵築小学校の通用門として使われております。
右:観光客の写真を撮ってあげて、ブログ用にも撮らせて貰いました。

070603a04.jpg 070603a05.jpg 070603a06.jpg
左:雨に濡れた勘定坂。この角度が最も美しいと思われます。
中:漆喰塀の瓦を拙者が接写でござる^^。
右:坂の城下町と呼ばれるところであるが、自然石の積み石も見事也。

070603a07.jpg 070603a08.jpg 070603a09.jpg
左:石垣から生えたる草木が、露に濡れことさらに美しゅうござる。
中:石畳の途中には、常夜灯が灯る城下町にて候。
右:車止めの向こうにも、石畳が続いて候。この石畳は自然石也。

070603a10.jpg 070603a11.jpg 070603a12.jpg
左:枇杷の実が色づく季節でござる。後ろのツタに覆われた民家は一階が「スタンド」という酒が飲める店でござる。
中:お寺の瓦でござるが、最近普請したものとみえ、新しいもの也。文様は下がり藤。
右:中庭に蘇鉄を植えたるは、九州のデフォと見た。

070603a13.jpg 070603a14.jpg 070603a15.jpg
左:その蘇鉄の葉に露のしずくが。
中:またギボウシの葉にも、雨露が宿りたるもの也。
右:寺の屋根に、逆立ちする獅子が鎮座する姿なり。

070603a16.jpg 070603a17.jpg 070603a18.jpg
左:隣りの神社も訪問。柿の葉にもしずくがついて、梅雨入りを物語る。
中:城下町博物館の中庭にて、ひいらぎを接写。マクロ撮影に凝りだした。
右:同じく中庭の植栽でござる。2色の紅葉と竹の若葉。

070603a19.jpg 070603a20.jpg 070603a21.jpg
左:中根邸を裏側から失礼。こちらは入場無料。無料の所しかはいりません^^。
中:ガクアジサイも可憐でいいです。日本の梅雨にピッタリの花です。
右:酢屋の坂です。自然石と方形の石の組み合わせ&仕切石がはいります。

070603a22.jpg 070603a23.jpg 070603a24.jpg
左:仕切石は滑り止めにもなっていて、段差がつけられているのだ。
中:武家屋敷の街道筋を歩んでいくと。
右:階段になり車は行き止まりになっておりました。

070603a25.jpg 070603a26.jpg 070603a27.jpg
左:武家屋敷の門前は、列柱石の渡り石に自然石の通水溝。
中:こちらも、自然石の渡り石が現役です。
右:歴史ある石積みと、植物の自然が美しい城下町なのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
<<スカイ・レジャー・ジャパン2007 | メイン | ざるトリプルに挑戦!>>
コメント

雨が降ってもいろいろ楽しみがあっていいなー
2007/06/03 21:47  | URL | balu #-[ 編集] |  ▲ top

>> baluさん、毎度ですー^^。
 この土日は、雨降りで飛びは全滅です。こんな時は観光しかありません。
 今週はずっと、観光ネタで通すしかありません^^;。
2007/06/03 22:09  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


古い建造物は、造りの一つ一つに歴史の重みを感じますね!
そして、美しい!!
雨の石畳なんて、情緒があって最高じゃないですか♪
2007/06/03 23:06  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> Marcyさん、どうもですー^^。
 やはり歴史のあるものは、簡単にマネはできないですね。
 雨の季節なので、雨露の写真が多くなりました。
2007/06/04 08:21  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。