スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
潤いの源を辿る・・・
- 2007/04/26(Thu) -
070426a01.jpg 070426a02.jpg 070426a03.jpg
左:古い構造物と水の源流を探る・・・大分観光ブログになっています^^。
中:JR豊肥本線鉄橋。石造りの橋脚と、橋桁のエンジ色が渋い景観となっています。
右:古い石造りの水路橋と思われます。水路を井路と呼んでいます。

070426a04.jpg 070426a05.jpg 070426a06.jpg
左:白水の滝の手前にある名水茶屋です。大雨で人がいない。
中:陽目の里キャンピングパークで、バンガローや吊り橋など。
右:トンネルを抜けた左側に円形分水をようやく発見。当初は元禄6年に工事したという古いもの。

070426a07.jpg 070426a08.jpg 070426a09.jpg
左:これです。まさにこの形がCMそのものです。ここまでの距離が遠かった^^。
中:頭首工から暗渠で導水され、サイホンで円の中心から湧き出すようになっています。
左:周囲の分水口から、等しく分水されます。本線の水流に左右されず、安定して等量公平に分けられます。

070426a10.jpg 070426a11.jpg 070426a12.jpg
 この円形分水工が出来る前は、水の分配を巡って水争いが絶えなかったといいます。
 上流から分水すると下流の水が少なかったり、分水方法により多い少ないでもめたり。
 水が無ければ田畑が枯れて、作物が出来ず生死に関わるので、昔の農家は文字通り必死だった訳です。

070426a13.jpg 070426a14.jpg 070426a15.jpg
 今では灌漑設備も充実し、安定して良質な水を供給出来るようになりましたが、その昔は大変だった訳です。
 とうとうと湧きいでる水に、豊かな自然の恵みと、循環する水の永続性をかいま見た、今週は飛べない観光パンダなのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
<<ラムネ温泉長湯の郷 | メイン | しろ水の音もさやかに・・・>>
コメント

パンダさん、こんばんは~!
大分って水が美しい、そして大切にする土地柄なんですね♪
水が良かったら、お酒を造ってもコーヒーを入れても、何を作っても最高ですね!
2007/04/26 20:20  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> そうなんですよ、Marcyさん。
 水が良く豊富なんです。お酒・飲み物はもちろん、これで成長する野菜・お米なども美味しいのです。雨量多く、ミネラルをたっぷり含んだ湧き水があちこちから出て、こんな豊かな恵みをもたらしているのです。
2007/04/26 20:52  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


円形分水は、初めて見ました。上手くできていますね。元禄6年に工事されたというのもすごいですね。
↓の風景も素晴らしいですね。しばし見とれてしまいました♪
2007/04/26 22:33  | URL | くまさこ #-[ 編集] |  ▲ top

>> くまさこさん、毎度です^^。
 水にまつわる古くからの仕組みが、今でも現役で使われているのが驚きですね。元禄というと、江戸時代ですね。機械も動力も無い時代によくやったものです。
2007/04/26 22:45  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

観光してますね~
地元の大分出身ですが行った事ありません。今度行ってみようかな~?
あさっては風どうでしょう?日から下り坂のようですね。早めに行ってサーマル発生前に飛びたいものです。緒方楽しみにして後1日がんばります!
2007/04/26 23:41  | URL | ぶっ飛び #-[ 編集] |  ▲ top

>> ぶっ飛びさん、毎度です^^。
 地元にいると、いつでも行ける・・・という気持ちもあって、なかなか足が向かないですね。
 緒方フライト、朝早く行ければその方がベターですが、夕方フライトでもいいかな・・・という気分でいます。
2007/04/27 08:59  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。