スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
珍しくてしかも美味しいのです^^。
- 2006/12/25(Mon) -
061225e01.jpg 061225e02.jpg 061225e03.jpg
 この土曜日の両築エリアのフライトの様子から。
左:豊かでゆったりとした筑後川。カンドリ舟が舫ってあります。風情ありますね。
中:ちょいと霞んだ両築橋。午後イチでこんな気象という事は無風なわけです。
右:怪鳥のエンジンスタート。ソロの始動はチョイとコツが要りますね。

061225e04.jpg 061225e05.jpg 061225e06.jpg
左:岡本太郎画伯のようなデザインのデザイアも、見慣れましたね。
中:河ますます蒼く澄み、風稟と冴え渡る。太古からの悠久なる平野に流るるや筑後川。
右:幾千万の時が、大空からの恩恵が、この大地を潤しただろう。そしていかに多くの命を育んだろう。めぐりゆく季節。繋がる命。

061225e07.jpg 061225e08.jpg 061225e09.jpg
左:そして今、その悠久な大地を大空を、自由な翼で飛翔するのだ。
中:今生きている証明のために、命あるものの確認のために。
右:たうたうと流れゆくこの河も、少しずつ少しずつ姿を変えながら未来に繋がる。

061225e10.jpg 061225e11.jpg 061225e12.jpg
左:おっとー、何か夢でも見ているかと思ったわー。実際に昼寝してましたが^^。
中:続々とメンバーが集まりけっこう賑やかな祝日のフライトでありました。
右:デザイアもようやく降りて来ましたが、寒くないんでしょうか。

061225e13.jpg 061225e14.jpg 061225e15.jpg
左:両築エリアと原鶴エリアの8km間を行ったり来たり、着陸して談笑しては、また戻って行ったり。楽しい時を過ごしました。
中:マイクさんもテイクオフにパワーがありますね。実に勇ましいです。
右:熊Dさんも原鶴温泉までフライト。ようやく戻って来ました。

061225e16.jpg 061225e17.jpg 061225e18.jpg
左:結局土曜日は、甘木で宿泊。ならば・・・という事でhataさんと地元のお店へ・・・。
中:これが例の生肉であります。右下から時計回りに、スジ焼き(煮込み風)、オウカクマク刺身、ホルモン味噌焼き、酢キャベツ。
 やはり肉の刺身も新鮮なものは、トロの刺身に近いものがあります。また、この後出てきた生ホルモンは山葵醤油でからめて食すと、もう絶品の美味さ。ちょっと余所では食べられないものです。
右:宿はビジネス旅館やまびこ。クラシックな在来の宿ですが、眠るだけならこれで充分。暖かい手作りの朝食も作って頂きました。宿の女将さんは世話好き&話好きで、主に工事関係など長期滞在組みもお弁当作って貰って出掛けるそうです。
 いつもビジネスホテルばかりなので、たまにはこんな素朴な宿もいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
<<失敗もあるからこそ面白い^^ | メイン | クリスマス☆フライト>>
コメント

パンダさん、サンタさんみたい
空飛んでるし。

生肉ウマーーーーーーーーーーーーーそ(・∀・)
2006/12/25 22:28  | URL | ruka #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

>> rukaさん、そういえば・・・。
 今シーズンはサンタの格好とか、しなかったですね。前シーズンは、サンタ・トナカイ・パンダ・寅・ガンダム・紋次郎・ヒゲ眼鏡などやりました。一部はそれで飛びました^^。
 生肉・・・って図柄は華やかな写真にはなりませんですね。食べると美味しいのに。
 やはり新鮮さが命なんですね。自信がなくては、とても提供しきれない事でしょう。
2006/12/25 22:36  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


さすが、九州の大河「筑後川」!雄大ですね~!
この筑後川流域も、かつてはオオクワガタの有名な産地でした。
「でした」というのは、かつてのブームの乱獲により、今はなかなか獲れないそうです。
何事も、ほどほどに!ですよね!?
2006/12/25 23:13  | URL | Marcy #-[ 編集] |  ▲ top

>> Marcyさん、そうなんですか。
 確かに自然とはいっても、人間の手がはいって管理されている自然・・・田園地帯です。
 それでも一度環境条件が変わると、なかなか元には戻らないのでしょうね。
 今はどんな山でも道路一本あれば、必ず車を停めて入って行く人達がいます。
 景色を眺めるだけならよろしいのですが、そこの動植物を採れば、少ない種族は確実に絶滅に追いやられてしまいます。
 珍しいものほど値打ちが上がるので、これはこれで困ったものです。
2006/12/26 07:25  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top


山の上を飛ぶのもすごいなと思うんだけど
やっぱり川に沿って飛びながら遡ったりというのは
なんだか醍醐味を感じますね
人間としてありえないものへの憧れというか
人間の歴史にはなかったワクワク感というか。
うまく言えないけど飛びながら川を遡るって
何だか遺伝子が騒ぐようなそんな感じがします
2006/12/26 16:02  | URL | ももえもん #-[ 編集] |  ▲ top


気持ちよさそうなフライト風景ですね、仕上げの肉も美味しそう。
2006/12/26 16:47  | URL | balu #-[ 編集] |  ▲ top

>> ももえもんさん、川もいいでしょう。
 川は豊かな水を循環し、流下しながら地下水を涵養し、周辺の動植物の生命を育んで来たのです。空を飛ぶのは、リスクのある行為ですが、飛ぶ度に今自分が生きている事を実感させてくれる・・・。
 この大地と空の間に、生きてそして生かさせて貰っている・・・ここに住む、虫達や鳥達と何ら変わらない、地球上の生命体の1つとして認識し、飛んでいる一瞬だけ生命の証を確認できると思うのです。
 せっかく生きていて、飛んでいるので、その記録としてネットに書きつづっている・・・そんな訳なんです。

>> baluさん、九州は肉の王国ですねー。
 時節柄、生食はちょっと・・・とかあるのですが、体調万全な時にトライしてみてください。生姜や山葵を添えて食べるのも、毒消しの作用を期待するところのようです。
2006/12/26 17:44  | URL | 空飛ぶパンダ #jYsgXq72[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。