スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
チャレンジ!大分国体
- 2008/02/06(Wed) -
080204z80.jpg
今年は、「大分国体」の年にあたります。
パラグライダーは、国体のデモスポ行事として、大会が行われます。
この大分県の鳥「めじろん」もパラグライダーで飛んでいます。

【会場】佐伯市 蒲江高平山フライトエリア
【日程】平成20年8月23日(土) 予備日:24日(日)
【競技】アキュラシー競技(ターゲットランディング)
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
久大線を行く(鉄道シリーズ)
- 2008/02/05(Tue) -
080203☆b01 080203☆b02 080203☆b03
左:今回は、大分から久留米を結ぶJR久大線(愛称:ゆふ高原線)の各駅を巡る。その1回目は、大分から由布院までのご案内。
中:大分駅は大分県および大分市の代表駅。市の中心部が近く非常に賑やかな駅。
右:3つの本線が分岐しているため、九州内でも乗降客数は常に上位にランクされる駅となってる。

080203☆b04 080203☆b05 080203☆b06
左:大分駅を出発した列車は、最初の停車駅である、古国府(ふるごう)駅にとまる。発展途上の新興住宅地の中の駅である。
中:ホームは狭く、出札窓口のみの小さな簡易駅舎。これでも日中は駅員が配置されているのである。しかし付近に短大や高校が多いため学生利用は多いようである。
右:駅を撮影していると、駅員さんが気さくに話しかけてくれ、次の駅までの道案内など親切に教えてくれたのである^^。

080203☆b07 080203☆b08 080203☆b09
左:列車はまもなく次の南大分駅に停車。大分市郊外の住宅地の中の駅。開業時の駅名は「永興」であったが、大正14年に現在の駅名に改称している。
中:古い木造駅舎からギフトショツプが同居する合築駅舎へ改築された。改築当初はギフトショップではなくコンビニが同居していた・・・という話。
右:駅名標のイラストは駅から南へ約4kmのところにある「高瀬石仏」の「深沙大将像」。

080203☆b10 080203☆b11 080203☆b12
左:赤いディーゼルの2000型は、次の駅「賀来(かく)」に停車。
中:この写真の反対側に駅入口がある。駅舎はなく、小さな屋根の下に小さな出札窓口と自動販売機がある簡易的なもの。しかし、ホームの幅と長さは立派なのである。
右:駅名標のイラストは駅近くの賀来神社で6年に一度行われる「大名行列」。

080203☆b13 080203☆b14 080203☆b15
左:列車は、畑の真ん中にポツンとある、「豊後国分」に停車した。ここから、パラの新エリアである、「横瀬」にも近い。
中:ここは、昔の国分寺跡が近くにあり、立派な博物館が建てられている。
右:しかし、駅はまさに吹きさらしの中にあり、まさに何もない。近くの踏切にたこ焼きの屋台が1軒だけあり、風の中に提灯が揺れていた。

080203☆b16 080203☆b17 080203☆b18
左:列車は、登り下りして、「向之原(むかいのはる)」に停車した。平成14年改築の駅舎でコミュニティホールが併設されている。古い木造駅舎を保存する声も大きかったことから、地元の方の意見を取り入れて、旧駅舎のイメージを残した和風駅舎となっているが、コミュニティホール部分はガラス張りにするなどJR九州らしい斬新なところもみえる。
中:平成17年10月に合併により由布市の一部となった旧挾間町の中心部に位置する駅である。駅周辺は大分都市圏郊外の住宅地となっている。
右:2面2線の相対式ホームである。この駅で折り返す列車も設定されている。

080203☆b19 080203☆b20 080203☆b21
左:列車は渓谷の中の、鬼瀬(おにがせ)駅に到着。電化されていないので、全てディーゼル運行。
中:山の斜面の途中にある駅である。ホームから駅入口まで下ると大分川沿いの谷間になっている。
右:駅名標のイラストは「大将軍神社」で駅から徒歩10分のところにある。

080203☆b22 080203☆b23 080203☆b24
左:列車は、茶褐色の湯で有名な小野屋温泉のある、小野屋(おのや)駅に停車。
中:平成17年10月に合併により由布市の一部となった旧庄内町の中心集落の町並みを見下ろす高台にある駅。
右:構内に山頭火の碑「秋風の旅人になりきっている」

080203☆b25 080203☆b26 080203☆b27
左:列車は次の駅である、「天神山(てんじんやま)」駅に到着した。
中:由布市役所の最寄駅である。しかし幹線道路からはずれているために山間部の静かな集落の中の駅となってる。
右:駅名標のイラストは「庄内梨」。

080203☆b28 080203☆b29 080203☆b30
左:列車はまもなく「庄内(しょうない)」駅に到着。平成16年3月に改築された2代目駅舎。
神楽の里をイメージした和風駅舎となっている。旧駅舎時同様に駅舎内では委託駅員が地元特産品の販売を行っている。
中:しばらくすると、「ゆふいんの森」が通過する・・・と委託駅員であるオバチャンが教えてくれた。「ゆふいんの森」は、実にゆっくりゆっくりと通過していった。
右:駅名標のイラストは「庄内神楽と庄内梨」。

080203☆b31 080203☆b32 080203☆b33
左:列車は、大分川沿いをうねるように走り、「湯平(ゆのひら)」駅に停車した。
中:「フーテンの寅さん想い出の待合室」があり、かつてここで、映画撮影がされた。
右:駅名標のイラストは「湯平温泉」。全国ブランドとなったお洒落な温泉地である由布院温泉に対して、同じ市内でありながら素朴でひなびた温泉地である湯平温泉への下車駅である。

080203☆b34 080203☆b35 080203☆b36
左:列車は、渓谷から明るい高原に出た。まもなく「南由布(みなみゆふ)」駅に到着。平成5年改築の和風駅舎である。比較的大きな駅舎だが無人駅。
中:かつては棒線駅だったが、平成4年に交換設備が設置されて2面2線の相対式ホームとなる。また観光シーズンの休日には由布院~南由布間(朝夕の1往復は大分)にトロQと呼ばれているトロッコ列車が運行されている。
右:駅名標のイラストは「藤」。この「藤」の名所は駅近くのお寺の境内の中にある。

080203☆b37 080203☆b38 080203☆b39
左:列車は、まもなく「由布院(ゆふいん)」駅に到着。観光地でもあり、乗降客も多い。
中:久大線の大分側が湯平まで開通するとそこから先は直進して野矢まで鉄道を建設する予定であったが、その計画を知った当時の北由布村・南由布村の住民たちが両村に鉄道が通るように猛運動を行い、ルートを変更させて北由布駅と南由布駅を設置させた。
その後、北由布村と南由布村は合併して由布院町となり、北由布駅は昭和25年に由布院駅に改称。
この駅と南由布駅のお陰で大迂回することになった久大線であるが、近年になってこの駅が最寄駅となる由布院温泉が全国でもトップクラスの人気を誇る温泉地となったため、久大線は全国でも有数の観光路線となった。
右:駅の正面から見事な由布岳が見え、人力車も走ってまさに観光地そのものである。

※かように久大線は、都会と観光地を結ぶ路線でありながら、途中の駅は昔ながらの木造駅舎であったりしたが、ドンドン改築・更新されているのである。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
米国飛行機ショウ(海外シリーズ)
- 2008/02/04(Mon) -
080130☆b01 080130☆b02 080130☆b03
左:米国の航空ショウの状況であります。複葉機の上にニンゲンが立ってるよ!
中:2列で、接近フライトですが、まさに命知らず。ウイングウオーカーと言って、固定スリッパに足を入れているだけとか。
右:クラシックスタイルの編隊飛行であります。

080130☆b04 080130☆b05 080130☆b06
左:カラフルなスモークで飛びます。
中:ナイフエッジでクロス。一瞬の技ですね。
右:これはまさに、大戦中の戦闘機そのもの。

080130☆b07 080130☆b08 080130☆b09
こんなのは、まるで模型のように見えますが、全て本物で、今でもバリバリ飛んでいる訳です。
日本で言えば、ゼロ戦が、ガンガン飛んでいる風景なわけです。

080130☆b10 080130☆b11  080130☆b12
左:まるで、戦争映画のように見えて仕方ありません。
中:ランディングにはいってきました。地上班のリラックスした様子が面白いです。
右:よくこんな機体をレストアしたもんですな。

080130☆b13080130☆b14 080130☆b15
左:地上は、現代。空中は大戦中の光景。
中:揃って始動すると大迫力。プロペラ機はいいなぁ。
右:当然ながら、現代の戦闘機もいるわけであります。

080130☆b16 080130☆b17 080130☆b18
左:P51が3機編隊でローパス。
中:BD5による、ダイヤモンドフォーメーションで、滑走路進入。
右:速度が速いので、撮影が困難であります。

080130☆b19 080130☆b20 080130☆b21
左:Air Alantique DC6 & DC3が大接近でクロスするという、通常ではありえない光景。
中:Chipmunk、練習機クラスですね。
右:DC3、この角度もカッチョイイなぁ。

080130☆b22 080130☆b23 080130☆b24
左:Harrier Jump Jet垂直離着陸機のハリアです。
中:Memphis Belle
右:MV268 Supermarine 379 Spitfire FR14E

080130☆b25 080130☆b26 080130☆b27
左:PS890 Supermarine 389 Spitfire PR19 landing
中:Sea King HU5 これ相当デカいよなぁ。
右:spitfire, ME109 and B25

080130☆b29 080130☆b30 080130☆b31
左:Tornado
中:Twilight TearP-51D-20NA
右:Vampire:こんな貴重種がまだ飛んでいるとは。まったく驚きです。
この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
野津原の第2飛行場
- 2008/02/03(Sun) -
080203☆a01 080203☆a02 080203☆a03
左:きょう日曜日は晴れましたが、お山は真っ白。雪降ったんですねぇ。
中:塚原越えて、湯布院方面に抜けます。相当積もったね。
右:途中、チェーン装着の列とか。スタッドレスで良かった。

080203☆a04 080203☆a05 080203☆a06
左:由布岳も見事な雪景色であります。九州の本格的な雪は珍しいこと。
中:まさに枯れ木に花が咲いたよう・・・であります。
右:どんぐり茶屋もこんな状態。湯布院から大分まで、駅舎の写真を撮るため移動かけてます。

080203☆a07 080203☆a08 080203☆a09
左:野津原で飛んでいる・・・という情報で駆けつけると、見事に広いエリアです。
中:ここから、アーミーさんのフライト写真。見事に雪景色ですね。
右:田圃も真っ白、寒そう^^;

080203☆a10 080203☆a11 080203☆a12
左:これは香りの森ですな。これもガンガン越えていったそうです。
中:ここを越えて戻ろうとしたら、強風で戻れない!
右:ここ以降のストーリーは、大分パラモーターBBSの方で、本人がレポートしておりますので、控えさせていただきます^^。

080203☆a13 080203☆a14 080203☆a15
左:道端で、こんな状態でピックアップ待ちとか。
中:首尾良く回収されましたが、こんな雪道だったんですね。
右:真っ白じゃないですか・・・まったく。

080203☆a16 080203☆a17 080203☆a18
左:戻りましたぁ。きょうは節分。安全帰還のお祝いに、アーミーさん豪快に丸かぶり!
中:Deoさんもご一緒に。それ、ワッショイ!
右:やはり丸かじりです。豪快です^^。

080203☆a19 080203☆a20 080203☆a21
左:噂を聞いて鴨さんが駆けつけました。しかしバイクで雪道をよく来ましたね^^。
中:これは、夏にキャンプしたらええじゃんか。
右:あの山の向こうまで、飛んだとか。普通じゃねぇ^^。

080203☆a22 080203☆a23 080203☆a24
左:半オープンの休憩所に、トイレ・水道・電気完備。これはイイ!
中:まったく・・・めちゃ飛んでますなー^^。
右:アーミー家に帰ったら、アーミー嫁の角が出ていたそうな。くわばら・くわばら。今後も仲良くねー^^。
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
米国マイクロ事情(海外シリーズ)
- 2008/02/02(Sat) -
080130☆a01 080130☆a02 080130☆a03
左:米国のマイクロライトプレーンの状況であります。ジャイロは不思議な乗り物。
中:ウイング以外は、普通のハングのマイクロと同じ構造であります。
右:こちらは、クラシックスタイルの固定翼機。

080130☆a04 080130☆a05 080130☆a06
左:こちらのオートジャイロも重心が低くてカッコイイ。
中:大会でのフライト状況。
右:ハングのトライクが大量に来ております。

080130☆a07 080130☆a08 080130☆a09
左:集まる機体の数の多いこと。まことに壮観ですね。
中:ほとんど、自力でここまで飛んでくる、まさにフライインなり。
右:ほぼ実機の練習機ベースのもあります。

080130☆a10 080130☆a11 080130☆a12
左:カラフルなウイング群に芝生が綺麗で、うらやましいですね。
中:ピクニック気分でゾロゾロ。
右:ここがメインの滑走路になります。

080130☆a13 080130☆a14 080130☆a15
左:スカイダイビングのアクロバット演技。
中:無動力でフォーメションを組むのは、むずかしい事でしょう。
右:機体にエンジンを載せただけのマイクロ。

080130☆a16 080130☆a17 080130☆a18
左:観光ボートをトラクターで牽引し、そのまま水に浮かべてしまいます。
中:マイクロも砂浜から飛びます。
右:フロントマウントで、風防があれば効率的。

080130☆a19 080130☆a20 080130☆a21
左:SPRINTになります。
中:これは中古の売り物です。400万円:Zodiac 601 D build in 1999
右:こちらもフロントマウントになります。

080130☆a22 080130☆a23 080130☆a24
左:こちらも売り物になります。780万円Vans RV-4 1991.
中:フリーフォールのアクロで、スモークしながらフォーメーション降下ちゅう。
右:Kirkbide open day & fly through 2007

080130☆a25 080130☆a26 080130☆a27
左:上の機体のコックピットになります。
中:Napa Valley Wine Train
右:Pegasus Quik 912S

080130☆a28 080130☆a29 080130☆a31
左:The Needles IIで海上を飛んでみました。
中:自宅のダンディーンから12マイル地点。
右:ZU-BUX というアエロトライクで、南アフリカのレインボウエアクラフト社製であります。
この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
気になる投票
- 2008/02/01(Fri) -
080129☆a05
最新のランキンまだかな。
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。