スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
阿波之國から近江之國へ・・・
- 2007/03/31(Sat) -
070331a01.jpg 070331a02.jpg 070331a03.jpg
左:徳島県は吉野川、鴨島エリアにおじゃましました。オープンカーにミニプレーンを積んで飛びにきた、河Nさんです。
中:エリアになぜかビニールハウス。これで雨・風よけになります。これはイイ^^。
右:冬は風よけ、夏は日陰に。国土交通省さまには、農作業の休憩所・・・としておこう。

070331a04.jpg 070331a05.jpg 070331a06.jpg
左:吉野川は、河川敷で慣行として畑作が行われているので、ビニルハウスなども黙認されています。
中:川の水量に対し、河川敷が充分に広く、結構自由利用されてきた経緯があります。
右:やさしい日本の自然。吉野川のゆったりとした風景は、また独特のものです。

070331a07.jpg 070331a08.jpg 070331a09.jpg
左:エリア付近は広い畑で、民家から相当離れているのが、このエリアの良いところ。
中:ちょい上流に柿原堰があります。南岸の湧水が水量不足で干上がっています。
右:鴨島の県営グランドが見えてきました。2005年度の日本選手権はここでありました。きょうは生徒たちのサッカーの試合で使われています。

070331a10.jpg 070331a11.jpg 070331a12.jpg
左:吉野川の色は緑がかった独特の色をしています。自分の影を見ながらさかのぼります。
中:M木さんのライズアップ。エンジンはアドベンチャー。キャノピーはPAPモーション。
右:南岸に珍しい水制工が新設されていました。これはうまく使えば船着き場としても使えますね。

070331a13.jpg 070331a14.jpg 070331a15.jpg
左:北の引田エリア方面。山が遠いので、ローターもなく風が安定しています。
中:すぐ南には、桜の多い公園や山などもあります。
右:河Nさんのテイクオフ。この頃には、風邪ひきのmuku氏もわざわざ来てくれました。
 お昼には風がビュービューとなり、滋賀県めざして移動開始。

070331a16.jpg 070331a17.jpg 070331a18.jpg
左:四国と淡路島をつなぐ鳴門大橋です。横風がすごい。
中:こちらは、淡路島から神戸をつなぐ明石海峡大橋になります。霞んでるわぁ。
右:阪神高速3号線はちょっと渋滞もあったが、どんどんばく進します^^。

070331a19.jpg 070331a20.jpg 070331a21.jpg
左:滋賀県は栗東ICで名神高速を降りると、野洲市の近江富士(三上山)が見えてきました。徳島からここまで、2時間半。
中:きょうは近江八幡まで駒を進め、宿泊。夕食はめん所逢味庵に。
右:お店は天井高く風情のある和風のつくりで落ち着いています。

070331a22.jpg 070331a23.jpg 070331a24.jpg
左:お店は高級でもお値段はリーズナブル。今回は沖島という、麺類とお寿司・サラダのセットをチョイス。
中:これで788円とは良心的ですね。お味もよろしいし、充分満足です。
右:お蕎麦の麺がしっかりしていて、久々に美味しい蕎麦をいただきました。

 日曜日はお天気がイマイチかもしれませんが、朝から安土町のMKクラフトのエリアに行きますので、よろしくです^^。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
九州別府から四国徳島へ
- 2007/03/30(Fri) -
070330a01.jpg 070330a02.jpg 070330a03.jpg
左:今回の名古屋帰省は陸路を選択しました。きょうは、大分別府港からフェリーに乗って八幡浜まで、そして徳島で宿泊の工程。
中:宇和島フェリーです。中型のフェリーゆえ、車の出し入れが速く、結構いいかも。
右:九州・四国間を2時間で結びます。(本日は向かい風で2時間半)

070330a04.jpg 070330a05.jpg 070330a06.jpg
左:船は出て行く煙は残る。別府からみるみる離れて行きます。鶴見岳と扇山。
中:ガイジンさんも船上で記念撮影とな。ピカピカに晴れたが風が強いわ。
右:強風注意報でしたが、船はたいして揺れません。別府湾内は静かそのもの。

070330a07.jpg 070330a08.jpg 070330a09.jpg
左:高崎山は桜があちこち見えます。海にそのまま続いているのがよくわかる。
中:九州電力新火力発電所など海上から眺められます。ちょっと遠いな。
右:工場群や石油タンクなど見えますが、うーん遠いわぁ。

070330a10.jpg 070330a11.jpg 070330a12.jpg
左:船は結構スピードが出ます。しぶきに虹がかかる良いお天気です。
中:船内はこんな感じ。2時間くつろいで寝ることもできるし、この後の運転が楽チンでした。やっぱり昼寝が重要です^^。
右:佐多岬に延々と風力発電が立っていますが、見えるかなー。

070330a13.jpg 070330a14.jpg 070330a15.jpg
左:四国愛媛の八幡浜が見えてきました。きょうはここまで2時間半。
中:すれ違う船など。桜がはや満開ですね。山桜系は特に早いです。
右:新造船のようですね。鮮やかなカラーでした。

070330a16.jpg 070330a17.jpg 070330a18.jpg
左:造船所のタワークレーンなど忙しそうに動いております。
中:これは立派な市場ですね。冷凍車がたくさん集まっています。
右:フェリーの車載スロープ。潮の干満に合わせ、可動式になっています。

070330a19.jpg 070330a20.jpg 070330a21.jpg
左:繋留作業になりました。もうじき着岸します。
中:本日はここ八幡浜から、徳島県の鴨島まで行って泊まります。
右:八幡浜の市内です。夕方の光線が眩しい。

070330a22.jpg 070330a23.jpg 070330a24.jpg
左:途中の染井吉野がきょうで満開。まさにお花見シーズンです。
中:高速は大洲ICから乗ります。英語表記がOzu・・・orzみたい^^。
右:松山方面・・・そうだ、松山のLAAさんとこもこれなら行ける。今回は通過しましたが、またの機会に飛びに来させて貰いましょう。別府から松山までフェリー込みで4時間でした。

070330a25.jpg 070330a26.jpg 070330a27.jpg
左:途中の「伊予富士」全国に○○富士と名がつくものも多くあれど、この伊予西条の山は、本当の名前が「伊予富士」なのであります。この後は日暮れになり走行写真ナシ。
 徳島の鴨島には別府から5時間半で到着しました。途中2時間半がフェリーでグーグー寝ていたので、元気百倍。実際の運転時間は3時間のみ。
中:きょうは鴨島のご飯屋さんです。自分で好きなものを取るお店で、これで600円。ちょっと食べた後に写真撮りました。
右:本日のお宿、アクセス鴨島。清潔で隣がスーパーと便利な場所。有線LANでPCも快適で助かりました。

 さて、明日土曜日は、徳島スカイフリークの皆さんと鴨島エリアでフライトの予定です。久々の吉野川フライト^^。お天気も良さそうですし、よろしくお願いします。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
どっちがイイ?
- 2007/03/30(Fri) -
070330z99.jpg
マウスなんかに負けられないnya・・・
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
猫にウサ耳
- 2007/03/29(Thu) -
070329a01.jpg
 猫にウサ耳【慣用句】
 猫にウサ耳を着ける様。また、ただでさえ萌える猫にウサ耳を着けることでどんなものにも負けないほどの萌えが生まれることから、元々優れているものがあるものにより一層素晴らしくなることの例え。 ―類義語:鬼に金棒
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
三毛猫村長
- 2007/03/28(Wed) -
070328a01.jpg
「出てってけろ。オラ達で話し合って決めたごとだ。オメらが村に来ると無理矢理モフられたりロクなごとがねぇ...」
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
君もいっしょに・・・
- 2007/03/27(Tue) -
070327a01.jpg 070327a02.jpg
シャンプーいっしょにがんばろー。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
大分コンビナート地帯
- 2007/03/26(Mon) -
070324x01.jpg 070324x02.jpg 070324x03.jpg
左:土曜日は、朝から雨で午後から工場ウォッチングなど。新日鐵の高炉煙突ですが、良い撮影ポイントがありません。高いアパートの廊下から。
中:乙津泊地のガントリークレーンですが、デカい獣に見えて仕方ありません^^。
右:恐竜たちが水飲み場に勢揃いしているような風景^^。

070324x04.jpg 070324x05.jpg 070324x06.jpg
左:乙津川河口港の向こうに昭和電工の石油化学コンビナートなど。
中:昭和電工プラントの正面入り口から撮らせてもらいました。
右:中ノ州の松原緑地公園のグランドですが、高圧線と周りの高い木さえなければ飛べそうな広さです^^。

070324x07.jpg 070324x08.jpg 070324x09.jpg
左:九州石油大分製油所のプラント群ですが、余剰ガスの火が迫力です。
中:この火も夜間警戒用にいいかも・・・ってデカ過ぎかな。
右:家島のグランドです。公園ですが、ここは緊急着地点候補ですね。

070324x10.jpg 070324x11.jpg 070324x12.jpg
左:桜のバックに九電大分発電所の煙突。
中:早咲きの山桜系は既に満開で、葉も出る品種ですね。
右:菜の花をバックに火力発電所の煙突。

070324x13.jpg 070324x14.jpg 070324x15.jpg
左:道路の真ん中からですが、写真には丁度良い大きさです。
中:近づくと横フレームには収まりません。
右:入り口正門からすぐ近くまで寄れます。らせん階段は風強そう・・・。

070324x16.jpg 070324x17.jpg 070324x18.jpg
左:排気ダクトもまるで通路のように巨大です。高輝度障害灯を付けていればこの淡いカラーもOKとなりました。
中:プラントのユニットも補完用に2セットずつあります。
左:一の州の九州石油大分製油所。船からなら間近で見られるかも。

070324x19.jpg 070324x20.jpg 070324x21.jpg
左:フレアスタックもかなり風になびいております。
中:土曜日でもタンクローリーやクレーン車が忙しそうに出入りしていました。
右:パイプ配管が複雑に露出していてます。今の工場付近は臭気などがほぼありませんね。

070324x22.jpg 070324x23.jpg 070324x24.jpg
左:大野川河口に高圧線のタワーが水中から突きだしています。水位が低い方が面白い。
中:王子製紙大分工場の古紙再生プラントなど。ヤードが広いのです。
右:住友化学大分製造所の煙突。こちらは従来の赤白煙突。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
八面山初訪問なり~^^。
- 2007/03/25(Sun) -
070325a01.jpg 070325a02.jpg 070325a03.jpg
左:この日曜日は午後から晴れ。前から行って見たいと思っていた八面山に行きました。ソメイヨシノが咲き始めていて、そろそろ3分咲きです。
中:八面のテイクオフです。芝生のコンモリとした山に、岩が所々出ています。
右:風は強く、しかも安定せず飛べる風ではありません。浸食防止の土嚢が積んであります。

070325a04.jpg 070325a05.jpg 070325a06.jpg
左:かなり高度感がありますね。向こうは瀬戸内海。
中:山あいが少し開けたところ、中央チョイ左がランディングになります。
右:こういった巨岩が突きだしている一種独特な風景です。

070325a07.jpg 070325a08.jpg 070325a09.jpg
左:ランディングからテイクオフ方面を眺めます。直進だと畑越えの進入になります。
中:ランディングは緩い傾斜のついた芝生。元々ハングの練習場とか。
右:いろりのあるクラブハウス。外で八面の監視犬「ハチ」が遊べるようになっています。

070325a10.jpg 070325a11.jpg 070325a12.jpg
左:双眼鏡でテイクオフの様子が見られます。丁度2本の木の向こうです。
中:旧のクラブハウス(ログハウス)になります。
右:いろりの上は換気扇付きの煙突が設置されております。

070325a13.jpg 070325a14.jpg 070325a15.jpg
左:水道もガスも完備しています。これはいいなぁ。うらやましい^^。
中:ちゃんと電気も来ており、冷蔵庫なども揃っています。
右:すぐ外にタラの木があり、芽が膨らむのを楽しみにしている・・・という寸法。

070325a16.jpg 070325a17.jpg 070325a18.jpg
左:おイラが、ここ八面の監視犬なんだわさ。ぶほっ。
中:こんな暖かいのに、なぜみんな飛ばないのかい。
右:ここらへんが、特にカユイとこなんだわさ。

070325a19.jpg 070325a20.jpg 070325a21.jpg
左:このボールはおイラのだから、くすぐっても絶対渡さないからねっ!
中:この出入り口から出入りが自由なんだ。うらやましいだろう。
右:実は、おイラがニンゲン達を遊んでやっているんだからなっ!

070325a22.jpg 070325a23.jpg 070325a24.jpg
左:それでは竹炭でコーヒー豆を焙煎します。これが特製ネット。ここでは七輪が本格運用されております。
中:手回しのコーヒーミルで、焙煎した豆を挽き割ります。
右:ペーパーフィルターでゆっくり淹れるのが、八面の本格珈琲。

070325a25.jpg 070325a26.jpg 070325a27.jpg
左:これは美味い。こんな薫りのあるコーヒーは久々です。ご馳走様でした。
中:メンバーさんが焼き物持参。左がミミガー、右が豚足です。しょっちゅうこんな楽しい事をしているのですね^^。
右:これもじっくり竹炭で炙ります。何とも愉快な人生を堪能してる事^^。

 ランディングにクラブハウスがあり、いろりがあり犬がいて、飛べても飛べなくても、こうして集まる八面のメンバーの皆さんなのでした♪
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
湯布院ミニツアー
- 2007/03/24(Sat) -
070324a01.jpg 070324a02.jpg 070324a03.jpg
左:この土曜日は朝から雨で飛べません。折しも知人の案内で湯布院観光に。
中:別府の堀田温泉を通りかかりました。至るところから温泉の噴気があがっています。
右:天然温泉の証ですね。日本一の豊富な泉質・湯量を誇ります。

070324a04.jpg 070324a05.jpg 070324a06.jpg
左:湯布院です。この「手湯」ってのがちょっと熱くてまたいい^^。
中:「かって栗~ぃ、食べてくり~ぃ」山栗売りが出ていました。試食のみで退散^^。
右:ゲゲゲの妖怪ハウスで、さまざまなグッズがこれまた並んでいました。

070324a07.jpg 070324a08.jpg 070324a09.jpg
左:和っぷりんと、いちごぷりんどら。いろいろバージョンUPしてます。
中:ピンク色がいちごです。通常のプリンより扁平してます。半冷凍。
右:いちごは、結構薫りがあってGOOD。和っぷりんは、パウンドがソフトでまた変わっています。

070324a10.jpg 070324a11.jpg 070324a12.jpg
左:ねぎみそせんべい・・・が、ねずみ~に見えたそうです。ドンフランシスコ・・・って何?
中:猫屋敷に来ました~^^。もちろん2階のネコちゃんも見てきました♪
右:1階がワチ・フィールドのショップになっていて、ダヤンのグッズも沢山ありました。

070324a13.jpg 070324a14.jpg 070324a15.jpg
左:ハニービーのショップで蜂蜜など健康的な食品など売っています。残念ながら、生体のミツバチは季節外で見られませんでした。
中:どんぐりの森で、トトログッズなどチェック。ここに限らず展示・販売品の入れ替わりやお店自体も季節ごとに変わっていきます。しばらく来ないと街の状況が一変しているかも。
右:お昼は麺類屋さんへ。本来の御食事処「香椎荘」はお庭のある高級なところ。うどん・そばの「萩の茶屋」はお庭や外湯の棟を抜けて国道沿いの在来風の気軽なお店でした。

 ちょっと駆け足の湯布院観光でしたが、湯布院の街やお店はどんどん変化していまして、来るたびに違う発見があるところでした。またゆっくり落ち着いて見てみたく思います。
 この日の午後はCocoパラダイスのショップに顔を出して、夕方まで工場写真など撮りましたので、後日UPします。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
こいつがやりました。
- 2007/03/23(Fri) -
070323a01.jpg
「僕たちは、こぼれたのを舐めただけなんです。」
「なめたんです。」
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
ゆったり&まったり^^
- 2007/03/22(Thu) -
070322a01.jpg 070322a02.jpg 070322a03.jpg
左:水曜フライトの続きです。誰も一緒に飛びません。トンビが一緒に遊んでくれました。
中:ちょっと大気の具合が荒れ気味でして、あまり遠くに飛ばなかったのです。
右:ただし揺れる事を我慢すれば、浮きやすくすぐ高度を稼げます。

070322a04.jpg 070322a05.jpg 070322a06.jpg
左:きょうのお昼は不思議な組み合わせ。鳥唐串、ちくわ、烏賊薫製、あまおう、鉈は何か収穫に使うのか。(実は普通の弁当も食べてます)
中:唐揚げにケチャップマスタードって、それアリですか?
右:この高級苺のあまおうが、大分のスーパーでは、このパックが通常780円でした。ところが、最近490円で売っている。これは食べるしかない!

070322a07.jpg 070322a08.jpg 070322a09.jpg
左:Sプロはユニットが立派なので、これに合うキャノピーが欲しくなるのでは。
中:Sプロがスロットルレバーに燃料確認のミラーを取り付けました。
右:こんな感じで使います。この鏡は長年使用の転用品です。物持ちの良い事^^。

070322a10.jpg 070322a11.jpg 070322a12.jpg
 それでは、おニュウのユニットでフライトしてもらいます。ミニプレーンLはプロペラがデカいので、推力はホント充分余裕ですね。
 今までの敵をとるような、もとい水を得た魚のようなフライトです♪

070322a13.jpg 070322a14.jpg 070322a15.jpg
 佐伯の鴨さんとこも、ブログを始めたので、とにかく写真を撮りまくっています。使うか使わないかはともかく、どんどん撮すのがデジカメのよいところ。
 時にはネタが被ったりしますが、それぞれのメンバーの視点からの記事で、よろしいんじゃないでしょかー^^。鴨さんブログ面白過ぎ^^。

070322a16.jpg 070322a17.jpg 070322a18.jpg
左:日中は風強く、サーマルも激しいお決まりのパターン。日照も強烈で菜の花が冴えますね。やはり九州は太陽光線が強いのかなぁ。少なくとも今シーズンは名古屋より強力です。
中:Akkeyの燃料タンク。LOS用の混合比です。几帳面ですなぁ。
右:リニューアルのエンジンスタートも、まだ完全には慣れきっておりません。

070322a19.jpg 070322a20.jpg 070322a21.jpg
左:風も落ち着いたので、先にSプロがダミーで飛んでみます。
中:クロスハンドでライズアップ。軽いですね^^。
右:スロットル半開で、楽々浮いていきます。ペラサイズの違いって凄いですね。

070322a22.jpg 070322a23.jpg 070322a24.jpg
左:山飛びメンバーさんが、堤防で練習。リッジで浮いたり、さすがに上手なもんです^^。
中:たそがれて来ました。ラジコンさんも帰ったあとで、広々飛べます。
右:夕方のフライトは安定していて値千金。ここ大分のエリアは日没には撤収する、平均的なエリアです。

 よそのエリア(例えば徳島や滋賀・福岡、山口も)は結構遅くまで飛んでいる場所になりますね。
 全国のエリアによっては、恵まれた環境で思う存分飛べる素晴らしい処がまだまだあります。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
春分の日お彼岸フライト^^
- 2007/03/21(Wed) -
070321a01.jpg 070321a02.jpg 070321a03.jpg
左:きょう水曜日は、春分の日です。お彼岸なので、お墓参りも多いことです。
中:チョイ飛びしました。暖かいので、フライトスーツ無し。ジャージのズボンで充分^^。
右:さすがに980円の靴でなく2980円の靴にしました。それでも安いな^^。

070321a04.jpg 070321a05.jpg 070321a06.jpg
左:きょうも土筆採りの人達が、堤防で摘んでおりました。春の使者です。
中:春の土筆とSプロのパラと吹き流し。ちょいとサーマルもあり。
右:春分の日、正午の南中した機影を見ながらのフライトです。

070321a07.jpg 070321a08.jpg 070321a09.jpg
左:佐伯の鴨さん登場。ミニプレーンのMが車にピッタリ収まっています。
中:ミニバンの天井にピッタンコです。丁度良い高さですね♪
右:スロットルレバーのグリップが細いので、自転車のグリップを巻きました。

070321a10.jpg 070321a11.jpg 070321a12.jpg
左:風邪引きAkkey登場。奥さんと子供たち全員インフルエンザで、家では看護と家政婦状態。それでも時間を見て飛びに来る根性はさすがです。
中:ROS125が2分割で、プロボックス(ライトバン)にこれまたピッタンコ。
右:セットアップも簡単で、上ガードをはめるだけです。丁度いいなー。

070321a13.jpg 070321a14.jpg 070321a15.jpg
左:エンジンも快調。「しかし病人をほかって飛びに来たりして、天罰があたらんやろか・・・」と、Akkey。
中:Akkey「しかしきょう飛ばないと土日の天気がイマイチだし・・・」と言い訳。
右:早く家に帰って病人の食事も作らないといけないし・・・とブツブツ。

070321a16.jpg 070321a17.jpg 070321a18.jpg
左:細かい事考えると飛びにも影響するので、落ち着いてグライダーを安定させる事。
中:あわてないで良いので、しっかり見極めてテイクオフですよー>>Akkey。
右:それでもパワーかけると、5~6歩で浮いてしまいました。

070321a19.jpg 070321a20.jpg 070321a21.jpg
左:パワー一定にー。といっても強烈なパワーなので、調整しています。
中:パワーを急激に落とさないようにー。まず安定してから座りましょう。
右:パワーを上げ下げするので、ちょいローリングが出ています。

070321a22.jpg 070321a23.jpg 070321a24.jpg
左:もうちょい高度上げてー。フットバーは後で取ればいいから。
中:ここで左ターンしはじめるが、高度低いし、ここはローターがあるので、ずっと直線で高度稼ぐか右ターンで良いのにー。
右:パワーオフでダウンウインドにターンしたが、高度低いのでローターあるよー。この直後右翼が潰れ、フォローで藪の中に着地。ありゃー。

070321a25.jpg 070321a26.jpg 070321a27.jpg
左:おニュウのペラだったのに・・・。何てこったい。1/3が欠けてます。
中:「エーン、悲しいよー」と嘘泣き。ペラ修理のお金が、そして心の痛手が・・・。
右:総飛行時間、20秒。短い運命のプロペラでした。ナムナム・・・。

 ダウンウインドで右翼潰れから、着地まであっという間でしたが、まるでスローモーションのようでした。
 驚いてシャッターを押す間もありません。まだまだカメラ根性は浅いですね。
 それにしても、怪我なく、プロペラ以外は破損も無かったのが不幸中の幸いでした。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
月乃屋で城下カレイ三昧^^
- 2007/03/20(Tue) -
070320e01.jpg 070320e02.jpg 070320e03.jpg
左:先日、日出町の「月乃家」で、職場の宴会がありました。道路からちょっと引っ込んだ、静かなところにあります。
中:城下かれいで有名な老舗だそうです。
右:お料理も上品で結構なものです。器もよく吟味されていますね。

070320e04.jpg 070320e05.jpg 070320e06.jpg
左:これが、城下かれい。日出港の海底は良質の砂地で、海底から綺麗な地下水がわきあがるので、よいカレイが獲れるという・・・ブランド品であります。
中:これを特製のかぼすのポン酢でいただくと、柔らかくて絶品。
 肝と紅葉おろし、浅葱にかぼすをしぼって食します。
 お城のすぐ下で獲れるので、「城下カレイ」と呼ばれるのだそうです。
右:カラリと揚がったカレイの唐揚げ。これも御出汁でいただきます。

070320e07.jpg 070320e08.jpg 070320e09.jpg
左:これも珍しいカレイの容器でありますが、何でしょう。
中:茶碗蒸しですね。カレイの表情がすっとぼけていて楽しい。
右:茶碗蒸しの中にも、カレイがはいっていて、当にカレイ三昧。

 この、城下カレイも、別府湾を囲む山々からの豊富な湧水によって湾が清浄に保たれているおかげであり、まさに貴重な自然の恵みであることを実感しました。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
体重?自分でも判りません^^。
- 2007/03/19(Mon) -
070319c01.jpg
めりこんでないかって?ここはまり心地が良くて動けないんです。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
毎度の白滝橋です^^。
- 2007/03/19(Mon) -
070319a01.jpg 070319a02.jpg 070319a03.jpg
左:土曜日の大野川フライトの補足です。鶴見岳・扇山が雪で飾られています。
中:Akkey風邪を治して飛びましょう。ピカピカになったエンジンの調子を見てみたいです^^。
右:T島さん、もうすぐ同じユニットが届きますよ。興味シンシン^^。

070319a04.jpg 070319a05.jpg 070319a06.jpg
 菜の花や誰そ季節を教えらん。エリアには今や盛りと一斉に開花しております。

070319a07.jpg 070319a08.jpg 070319a09.jpg
 ミツバチも大忙しに飛びまわっています。春たけなわの野辺の堤です。

070319a10.jpg 070319a11.jpg 070319a12.jpg
 チョイ飛びしましたー。寒くありません。川面もトロトロとして春の流れです。

070319a13.jpg 070319a14.jpg 070319a15.jpg
 川の近くの構造物を、のんびり眺めながら飛びます。

070319a16.jpg 070319a17.jpg 070319a18.jpg
 こうして、気楽に飛べるのも有り難いことですね。

070319a19.jpg 070319a20.jpg 070319a21.jpg
 佐T料理長が、テイクオフしましたので、後ろをついて飛びました。

070319a22.jpg 070319a23.jpg 070319a24.jpg
 料理長「パンダさんから逃げられないよー」
 いやいや、パンダは体重が重いせいで、速度が速いだけです。トリムも絞らないと、ついつい追い越してしまうのです。
 夏に向けて、ちょっと減量しないと、ますます浮きが良くないよなー・・・と少し反省するのでした。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
鳥人「焼き鳥マン」追跡レポ!
- 2007/03/18(Sun) -
070318a01.jpg 070318a02.jpg 070318a03.jpg
左:きょう日曜日はまたまた大野川へ。暖かい・・・というより暑い陽射し。
中:Sプロは、おニュウのミニプレーンにいろいろセット中♪
右:しかし風は無情に強く北東5程度。mukuさんに貰った吹き流し、今だに使っているのですよ。

070318a04.jpg 070318a05.jpg 070318a06.jpg
左:それでは塚原に移動しました。野焼き跡は全山マックロ黒スケです。
中:ランディングでは、スクール生が立ち上げしていますが、落としどころを誤るとエライことになります。
右:黒コゲでない草地で練習&着地をしなければなりません。

070318a07.jpg 070318a08.jpg 070318a09.jpg
左:別荘地の方まで、ずっと野焼きされてしまいました。
中:黒コゲの草がツンツン立っており、ちょっと触っただけでも炭がつきます。
右:充分注意を払って扱っても、生地がススでこんな事になります。

070318a10.jpg 070318a11.jpg 070318a12.jpg 
左:M浦さんですがオーバー気味に進入しております。
中:I泉さん、通常どおりのコースでランディング進入。
右:O野さん(でしたっけ皆旧グライダーでわからず)これも程良い入り方。

070318a13.jpg 070318a91.jpg 070318a92.jpg
左:首Tさん、さすがベストなLDアプローチです。
中:焼き鳥さんが、ぐんぐん高度を上げて、由布岳に取り付きました。本日3度目の由布岳越えです。
右:肉眼でははっきり見えますが、デジカメは望遠で撮ってもショボいなぁ。

070318a16.jpg 070318a17.jpg 070318a18.jpg
左:焼き鳥「由布岳を越えたので、向こうの狭霧台に向かいま~す」
中:それでは、狭霧台のTOに車で回りましたが、猛烈な風で、とてもじゃないがトップランは不可能です。
右:いったい全体どこを飛んでいるのでしょうねー。雪で寒いわー。

070318a19.jpg 070318a20.jpg 070318a21.jpg
左:焼き鳥「倉木山をトップアウトしました。湯布院盆地の田圃LDに向かいますー。」
中:それではと、湯布院のLDにやってきました。ここがお借りしている場所です。
右:焼き鳥「皆さんが待っていますので、翼端折って降りますねー。」

070318a22.jpg 070318a23.jpg 070318a24.jpg
左:焼き鳥「まだまだ飛んでいても良かったケド、降りてきましたよ。」
中:田圃LDの真ん中、ピッタンコだね。寒くないのかな。
右:焼き鳥「いやー、皆さん有り難うございます。今回も塚原から由布岳・倉木山・湯布院飛びできました。満足・満足。」

しかし、よく飛びますねー。今回、由布岳頂上はスレスレで越えていったそうです。お疲れさまでした^^。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
春もたけなわ菜の花フライト^^
- 2007/03/17(Sat) -
070317a01.jpg 070317a02.jpg 070317a03.jpg
左:ピカピカの土曜日です。今週中程に冷え込んで、鶴見岳や扇山の防火帯、十文字原には、白く雪が残っていますねー。
中:大野川の河川敷は菜の花盛り。日中はちょっと風が強めでしたね。
右:風邪引きAkkeyが忙しい中登場。エアバンドの聴き方を伝授中。
 忍術のようにアンテナを伸ばすと同じような効果があるとか。

070317a04.jpg 070317a05.jpg 070317a06.jpg
左:大野川の堤防には、たくさんの土筆が芽を出しています。
中:この土筆はハカマを取って玉子とじにして、春の薫りのお総菜とか。
右:堤防内法には、白色の菜花も咲いています。いまが盛り。

070317a07.jpg 070317a08.jpg 070317a09.jpg
 O村さん立ち上げです。夜勤明けなのに元気ですねー。今度糸が浜でフライト&キャンプしましょう・・・という話が盛り上がっています。
 それと明日3/18に犬飼と千歳間の中九州横断道路が開通するそうです。記念フライトが出来たらまた面白いでしょうね。

070317a10.jpg 070317a11.jpg 070317a12.jpg
 夕方になり風も落ちましたので、チョイ飛びして見ました。もう夕方は18時を回っていますが、そこは西日本の時間差の強み。
 若干アーベント気味で実に飛びやすいです♪

070317a13.jpg 070317a14.jpg 070317a15.jpg
左:あの山の上にラインのウエイポイントがあり、夕方ジャンボが高度800くらいで通過していきます。
中:佐T料理長がテイクオフ。陽が傾いてたそがれてきまして、イイ感じです^^。
右:パラの後ろについて飛ぶ時は、常に相手の上側につくようにしております。

070317a16.jpg 070317a17.jpg 070317a18.jpg
左:水管橋のアーチとパラのセールの円弧のマッチングを狙ってみました。
中:この川の向かって右サイドの導入部分が、乙津川の分岐口になります。この下流にお花見のポイントがあるそうなので、空中花見に出掛けても面白いでしょうね。
右:きょう土曜日のエリアは、校長・Akkey・O村さん、首Tさん、佐T料理長、T島さん、K斐さん、あと1人名前忘れたゴメン。

070317a19.jpg 070317a20.jpg 070317a21.jpg
左:う~ん、たそがれ感不足。もっとオレンジ色に染まってくれー。
中:河川敷を広々使って低空飛行するのは楽しいですね。そうそう、ムービーのハードディスク版をモーパラ撮影に使うと、跳びまくって映像が途切れるそうです。
 その点、テープ式の方が確実とか。電気屋さんフライヤーが実験済み。
右:フライト撮影時は体の一部を入れる事・・・と師匠も言っておりました。靴が安物なのは、実は気にしております^^;。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
「OK、ぴったり収まった」「流石だよな俺ら」
- 2007/03/16(Fri) -
070316a01.jpg
「なぁ兄者」
「なんだ弟者」
「ちょっと狭くはないか」
「多少の事だ、気にするな」
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
うちのタマは・・・^^;
- 2007/03/15(Thu) -
070315a01.jpg
 家に帰るとタマがアイロンだった。「か、勘違いしないでnya!壊れたアイロン代わりじゃないnya!ここ動くの面倒なだけだnya~!」
 そう言いながら一生懸命シャツのシワを延ばすタマ。
 「・・・ありがとう」
 「お礼なんか、お礼なんか・・・イラないnya!」
 明日はアイロンといつもよりちょっと高いネコ缶も買って帰ろう。毛だらけのシャツを見ながらボクは幸せものだと思った。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
何だ?今の音。
- 2007/03/14(Wed) -
070314a01.jpg
お隣さん騒がしいけどなんかあったんかな。そやな。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
パンダつながりです^^
- 2007/03/13(Tue) -
070313a01.jpg 070313a02.jpg 070313a03.jpg
 パンダつながりで掲載しますが、「京成パンダ」というキャラクターです。京成電鉄の京成カードのものですが、ちょっとアレですね^^;。
 京成カードのホームページはこちらからどうぞ

070313a04.jpg 070313a05.jpg
お口直しに・・・カワイイ本物のパンダの画像です。
左:四川省臥龍(がりゅう)市パンダ研究センタに入園した18匹の子パンダたち。
 今回この子供たちの名前を一般公募、そのうち日本人が考えた名前が一匹に採用となりました。その名は「朗朗(ランラン)」。
右:そして、同センターの双子パンダの「愛浜」「明浜」です。
 本物はやっぱりカワイイですね^^。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
好評!朝食と塚原野焼き
- 2007/03/12(Mon) -
070312a01.jpg 070312a02.jpg 070312a03.jpg
「きのこの里」の宴会も明けて、朝になりました。
左:校長お手製の味噌汁づくりです。前回の大野川キャンプ以来です。
中:土鍋で豪快に作ります。キャベツ・豆腐・それと新鮮な椎茸がはいります。
右:この取れ立ての肉厚な椎茸が、ジューシーで香りが良いのです。

070312a04.jpg 070312a05.jpg 070312a06.jpg
左:日曜は風強く、飛べないのでひとまず解散となりましたが、運搬車の回収のため、塚原に行きます。
中:この角度から見る鶴見岳も独特ですが、北海道風の風景ですね。
右:由布岳も、きょうは雪を被って寒そうです。

070312a07.jpg 070312a08.jpg 070312a09.jpg
左:塚原のロッジ村に野焼きの避難をしていた軽トラ回収の帰りです。左側の植樹帯まで飛び火して焦げています。
中:先週の野焼きに引き続き、焼き残した部分を焼いています。
右:新聞やTVの報道にもありましたように、民家近くまで火が回ってタイヘンだったようです。

070312a10.jpg 070312a11.jpg 070312a12.jpg
 塚原のランディングから、テイクオフ方面を連続写真で。
 全山黒こげで、まっくろクロスケであります。

070312a13.jpg 070312a14.jpg 070312a15.jpg
 ランディングエリアは、焦げているところと、そうでない部分とありますので、上手にランディングしないとキャノピーが汚れてしまいます。

070312a16.jpg 070312a17.jpg 070312a18.jpg
 お天気良く風強いと飛べませんが、景色は抜群です。APUから関の江に降りる途中の別府湾方面が、素晴らしい眺めでした。

070312a19.jpg 070312a20.jpg 070312a21.jpg
 十文字原にかかる大分自動車道の高架橋です。まるで月世界のような風景に、人口の構造物がまことに不思議な風景です。
 鍋山からも近いので、一度このあたりの上空を飛んでみたいですね。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
きのこの里のロッジ宴会
- 2007/03/11(Sun) -
070311a01.jpg 070311a02.jpg 070311a03.jpg
左:かいがけ温泉「きのこの里」で大分スカイハイの送別会です。
中:場所は、大分から塚原&狭霧エリアに抜ける途中にあるのです。
右:こちらには、温泉・ログハウスからキャンプ場までいろいろあります。

070311a04.jpg 070311a05.jpg 070311a06.jpg
左:道路を挟んで、右が本館・売店・内湯、左がロッジなど。
中:こちらが、本日宿泊するログハウスになります。一棟貸しです。
右:こちらで栽培し、取れたて新鮮な椎茸を販売しております。

070311a07.jpg 070311a08.jpg 070311a09.jpg
左:ひとまず乾杯です。主賓が来る前ですが、練習です^^。
中:砂ズリの炒め物。名古屋では砂肝と呼びますがコリコリして美味。
右:本日の主役が参りました。向かって左側の今Iさんは、千葉県柏市に、右側のHAMAちゃんは、三重県四日市市に栄転とのこと。向こうに行っても元気で飛んでください。

070311a10.jpg 070311a11.jpg 070311a12.jpg
左:それでは、本格的に乾杯ですー。ビール・焼酎・日本酒・ワインです。
中:こちらは、うどんすきで、鶏肉がはいります。アツアツです。
右:向こうはキムチ鍋にしました。コロッケや手製のピザも美味い。

070311a13.jpg 070311a14.jpg 070311a15.jpg
左:飯盛ケ城城主の焼き鳥さんから、黒霧島と由布岳トップアウトの証明写真が届きました。すばらしく鮮明な写真です。デジタルデータで欲しいなー^^。
中:旅立つお2人から、スクールへのプレゼント。塚原or狭霧台用への吹き流し。有り難うございます。白滝橋用にも欲しいなー、という声あり。
右:苺です。特に珍しくありませんが、ブロガーさん達が記事ネタのために一斉に写真を・・・。

070311a16.jpg 070311a17.jpg 070311a18.jpg
左:ほとんど会話にならない不思議な電話。一同大ウケでした^^。
中:ログハウスの中は、木の香りでいい感じ。(写真はおトイレの中)
右:二階から見下ろすと面白い構図になりました。屋根付近は暑いです。

070311a19.jpg 070311a20.jpg 070311a21.jpg
左:それでは温泉に参ります。こちらは内湯になります。キャンプ場の方に広々としたオープンの露天風呂があります。
中:水温が18度で、かなり低いので、もちろん加熱しております。
右:アルカリ性単純温泉で、無色透明ですが、湯からあがったあともホカホカして、よい香りが持続します。

 今回は離れのロッジで自炊式なので、時間の制約もなく、食べ物・飲み物自由なので、片づけなどチョイ手間はかかりますが、気楽でのんびりできこれはこれでなかなか良かったです。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
ゆずポンのブログ~^^
- 2007/03/10(Sat) -
070210c01.jpg 070210c04.jpg 070210c03.jpg
左:グラビアアイドルの「愛川ゆず季」のブログです。ゆずポンと呼ばれているそうです。YAPLOGで写メールからUPするのが、最近の流行らしい。
 記事は、リアルタイムにUPされ、更新が頻繁なのも読者が増える要素なのでしょう。

中:このアイドルさんのブログは、トップ記事のところに顔入りのリンクがあって、各ブログに飛ぶことができます。この機能は各ブログ共通になってます。
 こういう仕組みづくりから、タレント事務所かYAPLOGのスタッフがシステム的なバックアップをしている様子がわかります。
 スタッフからのお知らせ・・・みたいなイベント・TV出演告知などもされています。
 タレントさんでも、有名になってナンボ・・・の世界ですし、ブログのようにほとんどお金のかからない手法で宣伝が打てる訳ですから、これを利用しない手はありません。

右:新ブログの女王「しょこたん☆ブログ」では、1日の更新数、アクセス数ともに、他のアイドル系ブログを圧倒していますが、最近コメントやトラックバックが出来なくなりました。
 あまりにも、ブログ記事に関係のない、スパムコメントや宣伝トラックバックが増加したためです。
 特にトラックバックはコメントの文章も考えずに張るだけで、自分のブログ(要はお店)の宣伝ができる訳で、アクセス数の高いブログにTBするだけで、高い宣伝効果を得られます。
 逆にスパムなので、ヒンシュクをかう事にもなりますが、このご時勢では、人目について有名になるのがマル・・・みたいな風潮ですので、手段は卑怯でも売れた方が勝ちという訳で、こんな事がはやります。

誰でも簡単に始められる、ブログの世界でも、いろいろありますね。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
風待ち時のインドア作業
- 2007/03/10(Sat) -
070310e01.jpg 070310e02.jpg 070310e03.jpg
 きょう土曜日は、お天気が崩れる事を予想し、朝早くから白滝橋エリアに集合しました。
 南風で堤防越えとなるので、白滝橋上流側に回り込みましたが、ちょっと風が強すぎです。

070310e04.jpg 070310e05.jpg 070310e06.jpg
 こちらで飛んだことがなかったので、残念。仕方なく撤収してココパラのショップに行くことに・・・。
 途中、初めて通る米良有料道路を使いました。

070310e07.jpg 070310e08.jpg 070310e09.jpg
 ハーネス・ユニットを吊り下げるため、ショップの天井にフックを取り付けます。

070310e10.jpg 070310e11.jpg 070310e12.jpg
 Akkeyどうでしょうか。「うーん、ちょっと寝過ぎかも」
「一番根本か、2番目になってしまう。」「痩せましたか?」「うんにゃ、そんなハズは無い」
 こちらのブログには、状況UPのお許しが出ました。(関係者にしか判らない発言^^)

070310e13.jpg 070310e14.jpg 070310e15.jpg
 こんな感じかもしれませんねー。エンジンはROS125。

070310e16.jpg 070310e17.jpg 070310e18.jpg
左:マフラー&サイレンサーがピカピカで格好イイ!
中:頭部のレスキュー取り付け部は、横バーが無くなりました。
右:タコメーターは、ケーブルを延長し、フロントコンテナの上にマジックテープで止めるようにしました。

070310e19.jpg 070310e20.jpg 070310e21.jpg
左:ROSの場合、強制空冷といえども、ハーフカバータイプです。
中:このワイヤーは、ももパッドにくぐらせフットバーを取り付けます。
右:こんな風にフットバーを付けて見ました。長さ調整はこのくらいで、飛んでみてから、また調整しましょう。

 きょう土曜日は夕方から、大分スカイハイの送別会で、「きのこの里」に行きます。宴会写真をまたUP予定です。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
ゲーム大好き^^。
- 2007/03/09(Fri) -
070309a01.jpg 070309a02.jpg 070309a03.jpg
普通にゲームしているだけですケド、何か?
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
ネコです。ヨロピク。
- 2007/03/08(Thu) -
070308a01.jpg
友達になってって言われてもなぁ^^;。
頭下げてるし、しょうがないか・・・。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
いろいろ進化しています^^。
- 2007/03/07(Wed) -
070307a01.jpg 070307a02.jpg 070307a03.jpg
左:またまた土曜日の大野川からです。津Sさん渋いですね^^。
中:3分割なので、このステーは差し込んで止めます。
右:このようにOリングで止めるだけです。

070307a04.jpg 070307a05.jpg 070307a06.jpg
左:小技ですが、スロットルレバーをこのように掛ける事ができます。
中:おおー!珍しい無線ケースですね。この革製は手作りだそうです。
右:裁断・縫製まで全部自分でやったとか。すごい技ですね。

070307a07.jpg 070307a08.jpg 070307a09.jpg
左:話がそれましたが、3分割ガードの場合、一番下のガードがこのようにたたみ込みになってコンパクトです。
中:それで、ハッチバック車にこのように積載することが可能です。
右:床部分はこの様に、ちょっと低くすると都合がよろしいようです。

070307a10.jpg 070307a11.jpg 070307a12.jpg
左:それでは、風も良いようなので、立ち上げをしてみます。
中:なかなか調子良さそうですね。
右:このアングルがキャノピー全体がはいって宜しいようです。

070307a13.jpg 070307a14.jpg 070307a15.jpg
左:首Tさんの立ち上げテスト。
中:ちょいとライズアップで傾きましたが、ここから修正するのが腕。
右:うまく修正して、離陸して行きました。

070307a16.jpg 070307a17.jpg 070307a18.jpg
左:Sプロ。ちょい飛びと言ったのに、楽しくて随分飛んでいます。
中:佐T料理長、行きま~す。ちょっと待って、後ろから近づく機体あり。
右:気持ちよく飛んでます。この時間にもうアーベントタイムで、どこを飛んでも穏やかに上昇でき、飛びやすく楽しいひとときでした。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
楽しいエンジン組み立て
- 2007/03/06(Tue) -
070306a01.jpg 070306a02.jpg 070306a03.jpg
左:もう菜の花が満開の大野川です。この土曜日の様子から・・・。
中:たうたうと、ゆるりと下るや大野川。春の空気は少し霞みて・・・。
右:白滝橋上流側からの写真です。こちらからの写真は珍しいので。

070306a04.jpg 070306a05.jpg 070306a06.jpg
左:今回はミニプレーンLを組み立てます。こんな風に積載可能。
中:ステンレスのPAPに比べさすがにコンパクトですねぇ。
右:全ての部品が中に入っています。この収納性も良い点ですね。

070306a07.jpg 070306a08.jpg 070306a09.jpg
左:メインフレームはエンジン・タンクがついています。
中:マフラー類を取り付け、プラグ&プラグキャップなど装着。
右:手前がミニプレーンM、奥がミニプレーンLになります。

070306a10.jpg 070306a11.jpg 070306a12.jpg
左:並べるとこの違いがよくわかりますね。もう1回大きさ比べです。
中:ペラ径を見ましょ。Lは1250mm。大きいですねぇ。
右:Mは1150mm。わずか10cmで、パワーが強力に。

070306a13.jpg 070306a14.jpg 070306a15.jpg
左:前回のおさらいで、ガード径も確認しておきましょう。
中:Lのガード径は1350mm。車に乗るかどうか確認しましょう。
右:Mのガード径は1250mm。大抵のワンボックスに積載可能。

070306a16.jpg 070306a17.jpg 070306a18.jpg
左:お次はステンレス製のPAP1300TDLの大きさを確認します。
中:ガード径はその名の通り1300mmありますね。
右:プロペラは1150mmになります。今までの代表モデルです。

070306a19.jpg 070306a20.jpg 070306a21.jpg
左:そして現行モデルのPAP1250T3L。3分割ガードになります。
中:プロペラ径は、1150mmと全く同じなのです。
右:ガード径は1250mmで、5cm小さくなります。積載が楽になりました。

070306a22.jpg 070306a23.jpg 070306a24.jpg
左:減速ギアがミニプレーンと同様なものになり、ギヤ比も変更されてます。
中:プロペラ形状も微妙に変わっています。こちらは1300TDLのもの。至近距離でピントボケすみません。
右:こちらは1250T3Lのプロペラ。先端が丸い形状になっています。いずれも補修後のプロペラで、オリジナルより3mm程度大きくなっています。
 しかし、それとプロペラエッジが鋭くなったため、パワーアップしており、飛ぶには調子が良いのです。

 このように、バージョンにより細かく進化していくのが、パラモーターのエンジンユニットなのです。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
車の屋根でテントライフ^^
- 2007/03/05(Mon) -
070305a01.jpg 070305a02.jpg 070305a03.jpg
この土曜日の大野川エリアの状況です。上の3枚はつなぎ写真になっています。暖かい・・・というよりもう暑く、この後は日陰の方が快適なので、タープを貼りました。3月初めだというのに、何という事でしょう。左:津Sさん、中:井Kさん、右:Akkey

070305a04.jpg 070305a05.jpg 070305a06.jpg
左:チョイ飛びです。全体がサーマル気味で、どこでも簡単に浮きます。
中:コンクリート工場ですが、ここでは大野川の川砂を使っているでしょうね。
右:自動二輪車の自動車学校で、大型バイクがたくさんコースを走っています。肉眼ではよく見えるのに、写真に撮るとわからないですね。

070305a07.jpg 070305a08.jpg 070305a09.jpg
左:井Kさんの手製テントです。玄関^^に屋根、靴置き場を取り付け中。
中:風通しが良くて快適です。フラットで寝られる事の居心地はまた格別。
右:テントルーフを持ち上げるのは、こんなシステムです。いたる所工夫多い。

070305a10.jpg 070305a11.jpg 070305a12.jpg
左:お次はAkkeyの車載テントです。「MAGGIOLINA」という結構有名な品の様です。
中:中は硬質マットで完全フラット。イタリア製なので、体格的には日本人なら充分すぎる広さです。
右:簡単に開閉できる網戸が付いており涼しさは抜群です。これで安眠保証。

070305a13.jpg 070305a14.jpg 070305a15.jpg
左:怠慢な事にこの快適なルーフテントから、皆さんの様子を撮影。
中:車の上というのが、こんなに見晴らしが良いとは。しかし3月初旬にタープやテントが並ぶのも、普通の陽気じゃありませんね。
右:本日Akkeyは山飛びグライダーの風通し。フライトデザインのS-Xですね。

このように、すでにキャンプインした大野川エリアなのでした。
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。